使い勝手の悪いキッチンを変貌させる方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたはお宅のキッチンの使い勝手に満足していますか?
毎日欠かさず使う場所ですから、使い勝手が悪いとストレスが溜まりますよね。
なんとなく使い心地が良くないけど、具体的にどうやって改善すればよいかわからない。
そんな方に向けに今回は、使いにくいキッチンを便利なキッチンへ様変わりさせるポイントをご紹介します。

□使いづらいキッチンの特徴

使い勝手の悪いキッチンにはいくつか共通点があります。

まず1つ目は作業スペースの狭さです。
キッチンは料理にどれだけ手を掛けるかによって必要なスペースが変わります。本格的に調理をしようとすれば当然、調理器具や食材を置く広い場所が必要です。
キッチンが使いにくい原因の多くはこの「作業量と作業スペースの不釣り合い」です。

また、それと関連して、収納スペースの少なさも上げることができます。キッチンは天井や床下などのデッドスペースを活かせていない造りになっていることが多く、必要な備品や食材を整理整頓するのが難しい環境になってしまっています。もちろん、ものが散乱している場所で快適に調理などできません。収納スペースの確保も重要な課題です。

□使いづらいキッチンを改善するには

使いづらいキッチンを改善するにはリフォームが最適です。
といっても大がかりな改修工事が必要というわけではありません。ちょっとした工夫でキッチンを作業のしやすい空間へと変えることができます。

まずは天井や床下などのデッドスペースに収納を設けましょう。床下はリフォームに多少時間がかかりますが、天井だと棚と土台を設置するだけで簡単に収納スペースを作り出すことができます。

また、作業スペースを広げたい方にはスライド式や折りたたみ式の作業台を設置することをおすすめします。
普段はすっきり目立たないように収納できますが、作業で必要なときには既存の作業スペースと合わせて活用することで作業スペースの大幅アップを実現できます。また、小物や食器を入れる棚を作業台と同じ高さにし、棚の上部も作業台として活用すれば手軽に作業スペースを広げることが可能です。

□おわりに

キッチンでの作業の快適さは、日々の暮らしやすさを左右すると言っても過言ではありません。
より美味しい物を作るために、そしてより楽しく料理をするためにも、現状の作業環境で我慢するのではなく、ちょっとしたアイデアやリフォームによってお宅のキッチンをより快適な物へと変貌させてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。