最小限リフォームで晩年を優雅にすごすための3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

築43年
最小限のリフォームで
晩年を優雅に暮らすための3つの方法

住みなれた家をこれからも快適にすごすために
M様ご夫婦はリフォームを決断されました。

そのうちリフォームをしようと考えていましたが、
どこに頼むか迷っているうちに
時間が過ぎてしまったのです。

この度、ご縁がありまして、
ご主人の知り合いのご紹介で
弊社がリフォームをさせていただく
ことになりました。

長く快適に住み続けられる
最小限リフォームを実現した3つの方法
ご紹介します。

今回、M様にご提案させていただいた
リフォームで重点を置いたテーマは、

「費用を抑えたリフォームで、
これからの暮らしを快適にすごす」
ということ。

そのための改善ポイントを
3つに絞りました。

1. 水回りのリフォーム
2. 生活の中心となっている1部屋のリフォーム
3. バリアフリー

です。

1. 水回りをリフォーム

キッチン、バス、トイレ、洗面

奥様の家事導線にある
水回りの設備を一新して

使い勝手の良い
快適な生活空間を実現しました。

キッチン

キッチン 電動式昇降吊戸棚で食器の出し入れが格段にラクになりました。

タカラホーローシステムキッチン リテラ
電動昇降吊戸棚を採用し、非常に喜んでいただきました。

とってもベンリな電動昇降吊戸棚

洗面化粧台

洗濯用お湯取りシステムを導入して、お風呂の残り湯をジャマなホースを使わずに直接、洗濯機で使えるようになりました。

TOTO リモデア W750
洗面ボウルの容量はそのままに、奥行きがスリムになっているので
通路がひろびろしています。

奥行きがスリムな洗面ボウルでスペースが広くなります。

キャビネットの収納もたっぷりあります。

わずか9センチの違いで使い勝手が大きく向上。

ユニットバス

汚れもつきにくいので、お掃除の回数が減ってラクになりました。

TOTO マンションリモデる
ひろがるWGほっカラリ床シリーズ1416
お掃除ラクラクの人気商品です。

今までのスペースをギリギリまで広く使えます。

限られたスペースを広くする工夫がされいます。

この足触りがたまらない。ほっカラリ床 ひやっとしないので最初の一歩でイヤな思いをしません。

 

ヒザをついても痛くないから、お掃除がラクラク
クッションが入った床は、
ヒザをついても痛くありません。
浴室に足を踏み入れた時のヒヤッと感が無く
洗い場が滑りにくいので安心です。

乾きやすくカビが生えにくい素材

魔法瓶浴槽
浴槽の周りが断熱材で覆われているので、
抜群の保温力です。
追い炊きの回数が減って、省エネ。

ガス代節約。保温力が高いので追い炊きも少なくて済みます。湯船はゆっくり寝そべっても頭が安定する形です。

 

トイレ

収納力がアップして、床のお掃除もラクになりました。

TOTO ウォシュレット一体型GG3
タンク式なのにタンクが目立たない
ローシルエットデザインで、
トイレ空間に広々としたゆとりを生み出します。

TOTO ウォシュレット一体型GG

2. メインの和室をリフォーム

天井、壁紙、畳表替え

やっぱり和風がいいね!とご近所様にも好評。

和室は、ご家族が集まる部屋で、
奥様の日々の生活の中心になっています。

床、壁、天井をキレイに張り替えて
気持ちの良い和室になりました。

壁クロスは量産品よりも1グレードUPの
1000クラスから選びます。
和室にピッタリの質感ある
塗り壁調のクロスにします。

塗り壁調のしっとりと落ち着いた、質感が高いビニールクロスです。

天井は杉の杢目板を目透かしに
貼ります。

目透かし張りという
日本の伝統的な建築技法から、

古代から木を熟知していた
日本人の木の文化を感じることができます。

自然な素材に囲まれて暮らす心地よさ。

木は、湿度や気温の変化に
応じて自然に膨らん
だり縮んだりします。

天井板を隙間なく張ってしまうと
木の伸び縮みが起こった時に、
隙間が空いたり板がぶつかって
割れたりします。

そこで、隙間を空けて板を貼り
機能と見た目の良さを両立させた
方法を目透かし張りと言います。

これは、木という自然の味わいを
楽しむために、木の性質を生かして

なおかつ美しく見えるように先人が
知恵を絞り、長い年月を経て
磨かれてきた職人技術の結晶です。

木の美しい木目と、
伸び縮みする性質という

長所と欠点を木の持ち味として
全て受け入れる寛容さを持つ

日本の技術の素晴らしさを
身近に感じることができる
和の空間です。

畳は、日本の伝統的な作りによる
いぐさの畳表を採用しました。

リフォームでは、いぐさを使用しない
畳等に交換するケースもありますが、

今回は、今までの畳の状態も良く芯材
である畳床もしっかりしていたので、

畳表を新しく張り替えることで、
古かった畳を生まれ変わらせる事
が出来ました。

天然い草の光沢と香り。

 

爽快な草の香りと柔らかい温もりに包まれた
リラックスできる快適な和室になりました。

3. バリアフリー化

段差のないフラットな床面

晩年のための優しい生活は
バリアフリー化で可能になります。

浴室入口、トイレ入口、洗面室入口
の段差をなくしました。

階段、浴室に手すりを付けました。

洗面室、トイレ入口を
折戸ドアに交換しました。

扉を折りたたむようにして
閉めるので、開けた時の
スペースに余裕ができます。

入りやすくてジャマにならない
ドアです。

今回は、プラスαで、内窓をつけることになりました。

二重窓は、断熱性、保温性、そして防音を高め、結露を防ぎます。

内側に樹脂製のサッシをつけるので、
窓が二重になり断熱効果が上がります。

必要最小限のリフォームで、
予算内にも納めることができました。

清々しく気持ち良い和室を中心として、
日々のゆったりとした日常を、
M様は過ごされています。

「本当によかったです。」
というM様の言葉に、

私たちは、良い仕事ができたと再確認しました。
これからも、より一層満足していただくため、
サポートもしっかり対応できるように
精進してまいります。

 

建物種別 一戸建て
施工費用 7,000,000円
築年数 30年
邸名   Mさま邸
工期   45日
施工面積 26.2㎡
施工先住所 新潟市中央区
家族構成 3人

お問い合わせはこちらから

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お問い合わせ内容を選択下さい。(必須)

下記に具体的な内容をご明記ください。

SNSでもご購読できます。