新潟市の住宅助成|子育て、耐震、生垣助成

新潟市の住宅助成金について

国や各自治体には、住まいやマイホームの購入に関する予算への補助や助成などの制度があります。
条件を満たしていれば誰でも利用できます。

住宅の新築、増改築、リフォームの際に利用すると、より良い地域社会づくりの一助となり、さらに費用負担の軽減にもつながりますので、
事前に調べてみる事をお勧めします。

アートスタジオヴィヴィは、新潟で新築やリフォームなどを手がけております。そこで、新潟市の住宅助成について主だったものを少しだけご紹介します。

実数は非常に多くありますので、詳細は 新潟市のホームページ 住まいに関する助成・融資 からご覧になれます。

こちらのページでは「こんな制度もあるんだ!」と制度を知るきっかけにしていただけましたら幸いです。

注)なお、これらの制度は年度や予算の消化状況で随時終了したり、変更されたりします。実際に利用を検討される際には、必ず最新状況の確認や、事前の相談を行うようにしてください。

バリアフリー・子育て支援

子育て支援 健幸すまいリフォーム助成

子どもを安心して産み育てられ、健康で幸せに暮らせる住環境を創出することを目 的として、
既存住宅のバリアフリーリフォーム・子育て対応リフォーム及びそれに併 せて行う居住環境や住宅機能の維持・向上のための住宅リフォーム工事を行う方に、その費用の一部を補助します。

平成28年4月25日(月)から先着順で申請受付 予算:約6,000万円

◇子育て世帯 中学生以下の子どもがいる世帯、又は妊娠している方がいる世帯
補助対象経費の1/10(上限10万円)

◇三世代同居世帯 子育て世帯とその親世帯が同居している世帯、又は実績報告書の提出までに同居する予定の世帯
補助対象経費の1/10(上限20万円)

ー新潟市ホームページより引用ー

 

耐震対策

新潟市では、超高齢社会を迎える中で、地震による建物の倒壊等による人命への被害を軽減するため、
耐震診断や耐震設計、耐震改修工事・建て替え工事費の一部を補助しています。
また、段階的に行う改修工事や耐震改修工事と同時に行うリフォーム工事費用の一部を補助しています。

耐震診断士派遣
〇対象住宅
・個人所有の木造戸建住宅(2階建て以下・500㎡以下)で、 昭和56年5月31日以前に建築されたもの(過半が住宅であるもの)

〇自己負担額
・高齢者のみの世帯・障がい者等居住世帯(※1)・・・・・・・・ 無料
 ※1 高齢者:65歳以上の方 障がい者等:要介護認定者・要支援認定者、身体障害者(1級・2級)、療育手帳A交付者
・上記以外の世帯(280㎡以下の場合)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,000円

ー新潟市ホームページより引用ー

  • 木造住宅立替え耐震化工事補助制度
    耐震診断の結果により、木造戸建て住宅の建替え工事を実施するにあたって費用の一部を助成してもらえます。
    耐震診断の結果、上部構造評点が1,0未満であると診断された住宅の全てを建て替える、申請者が市税を完納している事などが条件となります。
その他
  • 生垣設置奨励助成
    緑あふれる街並みにすべく、生垣設置を行う住まいにその費用の一部を助成してもらえます。
    生垣は倒壊の危険がないので安心です。
    生垣を設置する場所にブロック塀などがある場合は、その撤去費用の一部も助成対象となります。

リフォームや新築の豆知識/新潟の住宅会社アートスタジオヴィヴィ

 

お問い合わせボタン