介護保険制度をつかった住宅改修とは

住宅改修について

高齢化社会が進む日本では、住宅改修の需要と必要性が高まっています。
介護との関連性が高い住宅改修について、詳しくご紹介いたします。

住宅改修とは

介護者が介護しやすい環境づくりと、被介護者が過ごしやすい環境を整える事が目的の制度で、自宅で利用する居宅サービスのひとつとして位置づけられています。

該当する小規模な住宅改修を行う際は、介護保険の中から20万円を限度額として改修工事費用が支給されます。
20万円のうち利用者の負担は1~2割で、限度額に達するまで数回に分けて利用する事も可能です。
制度をじょうずに利用して、無理のない環境を作り上げていきましょう。

介護保険対象の住宅改修

次の通り、限定された工事が介護保険適応の対象となっています。

  1. 階段や廊下などへ、手すりを取り付ける。
  2. スロープや底上げなどによって、段差を解消する。
  3. 滑り止め防止のため、通路や床材を変更する。
  4. トイレなどの扉を、引き戸・開き戸・アコーディオンカーテンに取り替える。
  5. 身体への負担軽減のため、和式トイレを洋式便器へ取り替える。
  6. 1~5の工事に伴って必要となる工事を行なう。

4-01
「こんな風にしてもらいたいんだけど該当する・・・?」などのご相談もお気軽にお寄せ下さい。

住宅改修の申請手続き

工事と保険適応が適正に行われる事を目的として、市区町村の窓口に事前申告と事後申告を提出する必要があります。 事前申告には、介護保険証・印鑑・住宅改修が必要な理由書・工事図面・工事費見積書・撮影日付入りの改修前写真・住宅所有者の承諾書が必要です。 地域によっては、ケアマネージャーや地域包括支援センターで作成してくれるところもあります。 改修後には、工事に掛かる領収書・工事費の内訳書・日付入りの改修後写真の提出が必要です。

支払い方法

原則として、償還払いが基本となっています。 償還払いとは、工事業者に対して利用者が一旦全額を支払い、後に保険適応となる9割の額が入金されるシステムです。
現在は市町村に登録している業者へ依頼した改修工事であれば、1~2割の自己負担のみを支払うだけでよい市町村もあり、こちらは受領委任払いと言います。
支払い方法に不安のある方は、事前に確認することをおすすめします。

新潟のアートスタジオヴィヴィは、介護保険事業者とも連携し、介護保険を活用したリフォーム工事も行っている住宅会社です。
ケアマネージャーさん・介護支援関係者の皆さんとの合同でのお打ち合わせや、必要書類の作成サポートも行なっております。
住宅改修によって、介護者と被介護者が過ごしやすい環境を実現させていきましょう。

 

リフォームや新築の豆知識/新潟の住宅会社アートスタジオヴィヴィ

 

お問い合わせボタン