改築とは? – 新築、増築との違い

 

改築について

人生の中で長い時間を過ごす家。快適な住まいも月日の経過でいろいろな事が起こります。
改築という言葉を耳にされた事がある方はたくさんいらっしゃるでしょう。
快適で安心できる時間を過ごしたいと、住宅の工事を考えられている方のために、こちらでは改築についてご紹介します。

改築とは、建築基準法の定義として”建物の一部、もしくは全ての取り壊し後に、構造や規模、用途、位置、階数が極端に異ならない建物の建築の事を言います。

大まかに言うと、建物の一部や全部を解体して、同様のものを建てたり、主要な構造体にまで手をかける建築。それが改築です。
一方、”取り壊した場所に最初の建物とは違った用途や構造の建物を建てる”場合は、新築です。

  • 建物が古くなりすぎたり、災害で住宅の一部を失ったりした時などに行なわれ一般的な改装や改修、リフォームとは異なります。

 

改築と増築の違い

建築設計を行うときに、改築の他に増築と呼ばれるものがあります。
増築も改築と同じものだと思われる方も意外に多くいらっしゃいますが、この2つは異なります。
増築は新しく構造物を作り、面積を広くする建築の事です。
敷地内で生活をしている住宅の横に新しく構造物をつけ加えたり、1階の住宅に2階を増築するなど様々な工事があります。
増築は、建ぺい率や容積率などの敷地内に対する建物の条件の考慮も必要です。
近年は、生活スタイルの変化から、大きすぎて持て余していた家を部分的に取り壊し、コンパクトにしたい。と言う「減築」のご要望
も増え始めています。

いずれにしても、本来の目的はもとよりですが、その際には是非、住まいの補強」を重要なポイントとしてお考えいただけましたら幸いです。 
1_02
目的や予算に合わせて、満足できる増改築プランを立てましょう。

 

リフォームや新築の豆知識/新潟の住宅会社アートスタジオヴィヴィ

 

お問い合わせボタン