冷暖房がいらない?「パッシブデザイン」を取り入れた住宅とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、極端な暑さや寒さに苛まれている日本列島。
あなたのお宅の光熱費も年々上昇してしまっているのではないでしょうか。
しかし、そんな中、「冷暖房を使わない」という斬新なデザインの家が登場しているのをご存じでしょうか。
今回は、近年新たに登場した、空調を使わない「パッシブデザイン」の家についてご紹介します。

□冷暖房不要な「パッシブデザイン」とは

まだまだ聞き慣れない「パッシブデザイン」の家とは一体どのような造りの家なのでしょうか。
そしてなぜ、エアコンいらずの家を実現することができるのでしょうか。
パッシブデザインとは、太陽光や風など自然のエネルギーを最大限に活用することによって、エネルギー使用を最低限に抑えようというデザインのことを指します。
そのような夢の住宅を実現するために、パッシブデザインには大きく分けて3つの工夫が凝らされています。

*高い断熱性能

空調を使わない住宅に最も必要な機能は、室内の空気を逃がさない高い断熱性能です。これが無ければどれだけ室内の温度調節をする機能と付けたところで全く意味をなしません。壁のみならず屋根や床、天井にも断熱材を導入し、室内の空気を完全に囲い込みます。

*日光のコントロール

室内気温をコントロールするには日光の調節が欠かせません。
日光を上手に活用するには、「夏は遮り、冬は取り入れる」工夫が必要ですが、パッシブデザインの住宅にはこの工夫がしっかりと取り入れられています。夏の強い日差しにはすだれやブラインド、また、ツル植物を活用した緑のカーテンを取り入れて遮光性能を向上させます。
冬には南面の窓から日光を大量に取り入れ、床の断熱材に蓄熱、その熱を夜に利用して部屋全体を効率的に温める工夫が凝らされています。

*風のコントロール

気温を効率よく調節するには「風」の利用が不可欠です。
パッシブデザインの住宅では高窓や天窓を有効活用することによって家全体を空気が巡るよう設計されているため、家の中の室温の「ムラ」をなくすことができます。冷暖房の風無くして室温のムラを無くすことができるのもパッシブデザインの大きな特徴です。

□おわりに

近年新たに登場した、冷暖房を使わないという斬新なデザインを取り入れた「パッシブデザイン」の住宅。
気候が極端になっている日本の住宅に最適な構造といえるでしょう。
光熱費を抑えたい、環境に配慮した住宅に住みたいとお考えの方はぜひ、パッシブデザインを取り入れたリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。