住宅の収納を増やしたい方へ:簡単リフォームで収納を増やす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お部屋の住みやすさを大きく左右する収納。
家族構成の変化や、ついつい買いためてしまった家具や洋服によって収納が足りない…なんてお悩みを抱えているご家庭も多いのではないでしょうか。
しかし、少しのリフォームを施せば、家の収納スペースは大幅に増加させることができます。

そこで今回は、住宅の収納を増やしたい方に向け、「デッドスペース」を活かした収納スペース増加法をご紹介します。

□収納問題の改善はまず「デッドスペース探し」から

収納を増やすためにまずすべきことは、家中に点在するデッドスペースを探し出すことです。
デッドスペースとは家中にある何も物が置かれていない空間を意味します。このデッドスペースを探しだし、それをいかに活かすかを考えれば、収納スペースは自ずと増えることでしょう。

□収納の増やし方

では、具体的にどのような方法でデッドスペースを収納に変化させることができるのでしょうか。その方法を場所別にご紹介します。

*トイレの収納を増やす方法

トイレにはタンクの横や上、後ろ側などちょっとした小物を置くのに最適なデッドスペースが溢れています。
例えばタンクの上に板を張り、簡単な棚を作ればトイレットペーパーやトイレ用洗剤、ブラシなどちょっとした小物をすっきり収納できます。

*キッチンの収納を増やす方法

調味料や食材に溢れるキッチンは家の中でも最も収納に苦労する場所ではないでしょうか。そんなキッチンも気付かぬデッドスペースに溢れています。
例えば床下。調理する足下に収納スペースを作れば、料理の際、重い食材や調味料も楽々取り出すことができます。また、天井近くに棚を設置すれば食器棚にあふれかえっていた食器類もすっきり収納できるでしょう。

*リビング、寝室の収納を増やす方法

リビングや寝室も工夫すれば立派な収納スペースに様変わりします。
壁に直接板を打ち込み、壁そのものを棚にしてしまえば、「空いてはいるものの、大きな棚はおけない…」といった微妙なスペースも有効活用できます。
おしゃれな小物を配置すれば、収納としてのみならず、お部屋のデザインの一部としても活用できます。

□おわりに

日頃の生活で大きな悩みの種となってしまう収納の問題。大がかりな工事をしなければ解決できないと思われがちな問題ですが、簡単なリフォームですぐに改善できます。
あなたもこれを機に、お家の収納スペースを見直し、日々の暮らしをより快適なものにしてみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。