もう悩まない!結露の原因をリフォームで対策しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟にお住まいの方なら、一度は経験したことあるはずの結露の悩み。
カビが生えたり、カーテンがぬれたり…。
結露が始まると、衛生的にも心配ですよね。
新潟の冬、雪対策で手いっぱいで、結露対策する余裕がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、結露の原因とその対策について解説いたします。

□結露の原因とは?


冷えた飲み物を外に出しておいたら、いつのまにか周りに水滴がついていることってよくありますよね。
結露はそれと同じ原理なのです。
空気中に含まれる水蒸気の量は、気温によって変化し、気温が低くなると含まれる水蒸気の量も低くなります。
外気によって冷えた窓に、部屋の中の暖かい空気が触れると、空気が冷えます。
すると、空気に含まれていた水蒸気の量が、冷やされた空気が含むことのできる量を超えてしまい、水滴になってしまいます。
この水滴が結露なのです。

□知らないところで…結露の悪影響


結露には目に見える場所でおきる「表面結露」と「内部結露」があります。
窓についている結露は表面結露です。
しかし、本当に怖いのは内部結露なのです。
内部結露によって木材や断熱材が湿り、そこに白アリが発生したり、家の腐食が進んでしまったりと、家の耐久年数を縮めてしまうことになるのです。

□結露の対策

自分でできる簡単な結露対策としては以下のようなものがあります。

*換気をする

結露対策で最も簡単に行える対策です。
また、冬場は眠る前に5分だけ換気すると、朝の結露を減らせるのでおすすめです。

*除湿器を利用する

除湿器を利用し、家の湿度を下げるのも効果的です。

*壁と家具の間に隙間をつくる

タンスなどの家具が壁に完全に密着していると、空気の流れが悪くなり、結露が発生しやすくなります。
5~10センチ程度の隙間をつくると効果的です。

□リフォームで結露を対策!

今まで述べてきた結露対策は、表面結露にはある程度効果はあります。
しかし、やはり完全に内部結露まで対策することはできません。
なにより、新潟の寒い冬の間、窓を開けて換気する気になれませんよね。
そこでおすすめなのが、結露対策のリフォームです。
結露対策には色々な種類があり、例として
・二重窓にする
・除湿クロスを貼る
・断熱材を改善させる
・換気の機能を高める
などがあげられます。
専門家に相談し、自分のお家に一番あった方法を見つけましょう。

□まとめ

今回は結露の原因と対策についてお話しました。
色々な結露対策がありますが、リフォームは最も効果的な結露対策の1つです。
ぜひ、一度、結露対策のリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?
また、当社は新潟県のリフォームを取り扱っています。
結露対策リフォームをお考えの方はご気軽にご相談ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。