スキップフロアって何?新潟市で平屋をお考えの方へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「スキップフロアという言葉を聞いたことあるけどよくわからない」
「平屋を検討しているが、スキップフロアを作るかどうか悩んでいる」
新潟市で平屋をお考えの方でこのようにお悩みの方はらっしゃいませんか。
今回は、スキップフロアの特徴について解説します。

□平屋のスキップフロアの特徴をご紹介!

大きな特徴として部屋を壁ではなく、段差で仕切ることが挙げられます。
そのため空間に広がりや開放感が生まれ、平屋の特徴であるつながりを損ねることなく空間を仕切ることが可能です。
また廊下を使わずに段差で部屋をつなげるので、無駄な廊下を増やさず、床面積をより有効に活用できますね。

また部屋の仕切りだけでなく、収納を確保することも可能です。
スキップフロアで段差を作れば、その床下の空いたところを活用して収納を作れます。
例えば、リビングにスキップフロアを作り、床下をリビング収納にしたり、スキップフロア自体に棚を設置し、見せる収納を楽しんだりすることもできます。
2階建てと比べたら、床面積は小さくなりがちな平屋ですが、空間をうまく活用して収納スペースを確保しましょう。

□スキップフロアを作るとき注意すべきこととは?

部屋と部屋を壁で区切らない、家の中に多くの階段があるという特性上、気をつけなければならないことがあります。
下記の注意点を確認して、スキップフロアの設置を検討してみてください。
1つ目は、断熱や空調の配慮が必要なことです。
部屋を壁で仕切っていないため、大きなワンルームであるとも言えます。
そのため、断熱をしっかり施し、熱の出入りを低減することが重要です。
また暖かい空気が上昇し、冷たい空気が下降しないようにエアコンなどの空調設備の準備も必要となるでしょう。

2つ目は、自治体によって判断が分かれることです。
家を建てる計画を立ち上げたら、設計書を揃えて自治体に許可申請をします。
自治体が建築基準法に照らし合わせ建築物を審査しますが、スキップフロアについては判断が分かれるかもしれません。
高さが1.4メートル以下で、なおかつ設置されている床の面積2分の1未満のスキップフロアであれば、床面積としてカウントされないことは多いです。
しかし、床面積に算入するルールを採用している自治体があるので注意しましょう。
平屋の間取りをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□まとめ

今回は、スキップフロアの特徴について解説しました。
今までは、壁で部屋を仕切ることが一般的でしたが、スキップフロアのような新しい部屋の作り方が出てきました。
平屋の間取りを考える際に、スキップフロアという選択肢が増えれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。