トイレのリフォームの注意点とは?新潟の住宅会社がご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「トイレをリフォームしたいけど、注意するべきポイントを知っておきたい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
トイレをリフォームする機会はそう多くありませんよね。
そのため、注意するポイントが良く分からない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、トイレリフォームに関する注意点をご紹介します。

□目的は明確に

まず初めに、リフォームの目的を明確にしておきましょう。
例えば、以下のようなことが挙げられます。

・トイレの寒さを何とかしたい
・トイレが狭いので、広くしてもらいたい
・便器を交換してもらいたい

このように、事前に目的を明確にしておくことで、失敗の可能性を少なくできるでしょう。

 

□トイレの面積を把握しておく

リフォーム前に、必ずトイレの面積を確認しておくことをおすすめします。
トイレの広さを把握していないままリフォームしてしまうと、便器が大きすぎるなどの失敗をしてしまう可能性があります。
トイレの中でもしっかりと動線を確保するためにも、トイレの面積は把握しておきましょう。

 

□トイレに合った壁材や床材を使用する

トイレでは水はねなどによって壁や床に汚れがついてしまうことが多くあります。
そういった水や汚れに強くない床材を使用してしまうと、メンテナンスが大変です。
壁や床を交換するのでしたら、トイレに合った壁材や床材を導入することをおすすめします。

□バリアフリー化も視野に入れよう

将来のことを考えると、トイレのバリアフリー化も選択肢の一つとして考えられます。
もちろん、後からでもリフォームは可能です。
しかし、一度で全てしてしまう方が楽、という考え方もできます。
バリアフリー化してみたいとお考えでしたら、以下がおすすめです。

*手すりの設置

手すりがあると、足が不自由な方でも安心してトイレに行くことができます。

*ドアをスライド式にする

スライド式のドアなら、ドアの開閉時の転倒事故を防止できます。

*トイレを広くする

広々としたトイレでは、安心して介護ができます。

トイレをリフォームする際には、「やっておけばよかった」と後から後悔しないように、バリアフリー化も考えておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、トイレリフォームに関する注意点を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
事前に今回ご紹介したようなことを知っておくことで、失敗する確率はかなり少なくなるでしょう。
ぜひこの記事を参考にして、リフォームに臨んでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。