マンションのリフォームをしたい方必見!床材の種類について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市でマンションリフォームに興味がある方はいらっしゃいませんか。
今回は床材の種類やマンションリフォームで押さえておくポイントについて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□床材の種類をご紹介

床材にはいろいろな種類がありますが、ここでは4つ紹介します。

1つ目はフローリングで、複合フローリングと無垢フローリングがあります。
前者は、薄い木の板を接着剤で張り合わせた人工的な木材で、質の安定感や反りの少なさが魅力です。
また、費用も比較的安く、汚れも落ちやすいですが、夏は床がべたつきやすい点はデメリットでしょう。

後者は比較的高価で、自然な状態の木材を使用しており木の温かみ、年月の経過によるツヤや色の変化を楽しめます。
調湿効果があり、部屋の湿度も快適です。
ただし、そのために反りやすき間ができる場合があり、ものによっては傷がつきやすかったり、水に弱かったりします。

2つ目はフロアタイルです、
これは塩化ビニール製の硬い床材でデザインが豊富です。
耐久性や耐水性に秀でており、傷がつきにくい点も魅力です。

3つ目はコルクです。
これはコルクを粒状にし、焼き固めたもので、足腰への負担が少ないため、高齢者や子供がいる場合に安心でしょう。
また、耐水性や防炎性、吸音性にも優れており、断熱性もあるため冬でも冷たくありません。
しかし、傷に弱く、紫外線で変色する可能性があります。

4つ目はクッションフロアです。
これは塩化ビニールを主原料でクッション材が含まれています。
そのため、柔らかく高齢者や子供がいる家庭におすすめです。
デザインも豊富で、耐水性、遮音性が高く、汚れが取れやすいというメリットもあります。

ただし、家具の跡や傷がつきやすく、熱に弱いため日が良く当たる部屋にはオススメできません。

□マンションリフォームで押さえておくポイントとは

続いてマンションの床のリフォームで押さえてほしいポイントを3つご紹介します。

1つ目は管理規約についてです。
マンションの床をリフォームする際には管理規約を確認する必要があります。
規定では防音対策として遮音性のある床材が指定され、求めるレベルもマンションによって異なります。

2つ目はマンションにフローリング材が張れるかです。
マンションの床で希望のものはあっても、やはり防音の観点は気になりますよね。
基本的には、フローリングの1枚板は張れないでしょう。
しかし、フローリングの下に遮音マットを引くのであれば、可能な場合もあります。

3つ目はマンションの水回りにタイル板を張れるかです。
タイル材は耐水性や耐久性があるため、水回りの床に採用する方が多いです。
ただし大半の場合、防音の観点からマンションの床にはタイルを張れません。
また、遮音マットを引いても張れない点でフローリングと異なります。

4つ目は賃貸や団地でもリフォームできるかです。
結論を言うと、賃貸や団地のキッチンリフォームは勝手にできません。
もしリフォームしたい場合は必ず大家さんか管理会社に確認しましょう。

□まとめ

床材の種類やマンションリフォームで押さえておくポイントについて解説しました。
「毎日使う床が傷つきやすい」など使い勝手が悪いと、無意識でもイライラしてしまうかもしれません。
床材を変えて、今の家をもっと快適にしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。