マンションリフォームの工期について知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「マンションリフォームで必要な工期ってどれくらいだろう。」
新潟市近郊お住まいの方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回はマンションリフォームの工期の目安や工期期間中に気を付けることについて紹介します。

□マンションの工期の目安とは

マンションリフォームの工期といってもどんなリフォームをしたいのかによってさまざまです。
ここではリフォームにかかる目安の期間を2パターンに分けて紹介します。

1つ目は内装のみのリフォームです。
例えば天井や壁の壁紙の張り替えや、床のフローリングを張り替えるリフォームが挙げられます。
元の壁紙やフローリングを剥がし、必要に応じて下地で調整した上に新しいものを張ります。
対象となる範囲にもよりますが、LDや個室の場合だと1日から2日、全室なら2日から3日程でかかるでしょう。

2つ目は水回りの設備交換のリフォームです。
例えば、キッチンや浴室、トイレなどを新しいものに取り換える作業です。

キッチンだと、もともとと同じサイズやレイアウトで交換するだけなら、2日から3日ほどで終わります。
レイアウト自体を変更したいなら配線や配管も変える必要があるため、5日から6日は見ておきましょう。
合わせて内装リフォームをしたい場合は、1日から2日追加で必要です。

マンションで浴室のリフォームをする場合は、機器交換のみの工事が多いため2日から3日で終わります。
ただし、基礎部分に工事の必要があれば、補修工事で1週間程度かかる可能性があります。

トイレや洗面台は機器交換で完了するのが一般的で、配管や電気配線など大きな変更はそこまでありません。
早くて1日で完了しますが、内装リフォームも込みなら3日から4日かかるでしょう。

□工期期間中に気を付けることとは

最後にマンションリフォーム期間中に注意点を紹介します。

1つ目は仮住まいの検討です。
リフォーム期間が長くなりそうであれば仮住まいを探す必要があります。
工事中は生活に必要な設備が制限される可能性もあり、騒音なども勉強の邪魔となる場合もあります。

2つ目は一戸建てよりも時間がかかる可能性があることです。
マンションのリフォームは、引っ越し申請や手続きをそれぞれのマンション管理者を通す必要があるため、期間が長くなる可能性があります。
また、近隣住民への気配りも大切で、それにより日程や時間帯が制限される場合もあります。

□まとめ

マンションの工期の目安や工期期間中に気を付けることについて解説しました。
この記事で紹介した注意点を参考に、マンションリフォームは余裕をもって挑みましょう。
マンションリフォームに関して何か気になることがあれば、当社にお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。