マンションリフォームをお考えの方へ!リビングリフォームのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊でマンションリフォームをお考えの方で、リビングを変えたい方はいらっしゃいませんか。
今回はマンションのリビングリフォームのポイントや注意点について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□リビングをリフォームする際のポイントとは

家族が長い時間を快適に過ごせるようなリビングにするために、ここではリビングリフォームのポイントを2つ紹介します。

1つ目は、冷えを防ぎ暖かい空間を作ることです。
暖かい空気は天井側に、冷たい空気は床側にたまりやすい性質があります。
そのため、冬場は足元が冷えないよう床の暖かさを意識しましょう。
リフォームで床暖房を採用すれば、冬場でも暖かく快適に過ごせます。

また、ずっと暖房を付けていても寒い場合は、コールドドラフトが起こっているかもしれません。
これは窓付近で冷えた空気が室内に広がる現象を指します。
冷えやすい窓に内窓を付け2重にすることで、断熱性能を高め、カビの原因となる結露予防にもなります。

2つ目は、家具や家電を考えることです。
リビングの間取りは家具の配置を意識しながら決めることが大切です。
意識せずに決めると、ドアを開けると家具にぶつかったり、椅子に座ると通り道をふさいでしまったりします。
リフォーム後を具体的にイメージしながら、どこにどれくらいの大きさの家具を置きたいのか考えましょう。

また、コンセントは数を多くすれば良いのではなく、使いたい場所にあることが大切です。
家具をどの位置に置きたいか決め、コンセントの数や位置を決めましょう。

リビングの広さに余裕があるなら、床にも設置できます。
そうすれば、空気清浄機やサーキュレーターなど壁から離れた場所で使用する場合も、長いコードは必要ありません。

□マンションのリビングリフォームでの注意点とは

続いてリビングリフォームで気を付けてほしいことを3つ紹介します。

1つ目は、間取り変更です。
間取り変更は、マンションによってはできない場合があります。
これはリビングで撤去する壁が構造上重要な役割を果たしている可能性があるためです。
建物の構造には柱と柱を組み合わせて強度を保つものと、柱と壁で強度を保つものの2種類があります。

前者は壁を除いても問題ないかもしれませんが、後者は壁を取り除くと建物のバランスが悪くなる場合があります。
つまり、建物の強度や耐震性に影響があるため、施行できないのです。
また、前者もこの理由で、一部の柱を残す必要があります。

2つ目は、壁紙や天井の張替えです。
壁紙や天井の張替えを検討する際に、サンプルを参考にする場合は実際とイメージが違うことがあるので注意が必要です。
色は基本的にサンプルより実際に見た方が明るく見えます。
例えばサンプルの薄いベージュ色にしたくても、実際は真っ白な可能性もあります。

リフォームをする際はそういった部分にも気を付けましょう。

3つ目は、床材の変更です。
床材はマンションの管理規約によっては変更できない可能性があります。
マンションにはそれぞれに規約があり、リフォームについても一定のルールがあります。

リフォームに関係する防音規定では、床の遮音等級を示すL値が用いられています。
床材がその数値に達していないとできない場合がありますので、管理規約を必ず確認しておきましょう。

□まとめ

マンションのリビングリフォームのポイントや注意点について解説しました。
ご自身のマンション規約で可能な範囲で、理想的なリビングを作ってみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。