マンションリフォームを考えの方でトイレを変更したい方はいらっしゃいませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいのマンションリフォームをお考えの方でトイレを変更したい方はいらっしゃいませんか。
マンションのトイレを変更する際はいくつか制限があるため知っておくことが大切です。
今回はマンションのトイレリフォームをする際に必要な知識として排水方式について、注意すべきことを紹介します。

□マンションの排水方式とは

マンションリフォームでトイレを考えている方は、排水方式について知っておくことが大切です。
これによって設置可能なトイレが限られるためです。

普段生活をしていると不要な水を流しますよね。
それを排水と言い、流す方法を排水方式と言います。
マンションによって排水方式に違いがあり、またトイレも床排水と壁排水という2種類の排水方式があります。

まず床排水とは、汚水を流す配管がトイレの下から床下に続いているものです。
そのため、管は目で確認できないため、見た目がすっきりしています。
また次に紹介する壁排水と違い、無駄な管が無く掃除がしやすいというメリットもあります。

壁排水は、トイレの後ろの壁側に配水管が伸びているもので、目で確認ができます。
昔はこのタイプが多かったものの、最近では技術の進化で床下の空間にゆとりを持たせられるため、床排水も増えてきています。
トイレのリフォームをスムーズに進めるためにも、これらのタイプの違いを確認しておくことが大切です。

トイレは床排水用と壁排水用で売られているため、知らないで買うと取り付けができない場合もあります。
また、床排水には排水芯、壁排水には排水高といった規格がそれぞれにあるため、ご自身のマンションが対応しているか合わせて確認しましょう。

□トイレのリフォーム前に注意することとは

続いてマンションのトイレリフォームを行う際の注意点について3つ紹介します。

1つ目は便器の大きさです。
ショールームで実際試してみると、便器が大きい方が座りやすく、大きいほど良いように感じるかもしれません。
しかし、トイレの部屋の大きさを考えないと、ズボンが履きづらかったり、掃除が大変だったりします。
目安としては、便座の先から壁まで500ミリメートルはスペースを空けるようにしましょう。

2つ目は床の素材です。
トイレの床はフローリングで統一するリフォームが人気ですが、水や汚れに強い素材にするのがおすすめです。
木材だと水に弱く、洗剤やアンモニアによって腐ったり、変色したりする可能性があるので注意しましょう。

3つ目はトイレの増設です。
トイレを増設する場合は、マンションの管理組合に相談、確認することが必要です。
マンションによっては、構造上増やせない場合もあります。
一度、リフォーム会社に相談し、問題は無いか確認しましょう。

□まとめ

マンションのトイレリフォームをする際に必要な知識として排水方式について、注意すべきことを解説しました。
マンションのトイレリフォームをする際は排水方式に注意しつつ、この記事で紹介した注意点に気を付けて選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。