リフォームを検討中の方必見!リフォームと建て替えの判断基準を新潟市の業者が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市でリフォームをするか、建て替えをするかお悩みの方はいませんか。
何を基準にして判断すればいいのかわからない、そもそもリフォームと建て替えの違いとは何かと疑問に思われている方が多いですよね。
ここでは、リフォームと建て替えの違いについて詳しく紹介します。

□リフォームと建て替えの違いを紹介します!

リフォームと建て替えでは、費用と工期、住宅ローン控除などに違いが出てきます。
具体的にどのような違いなのか見ていきましょう。

まずは、費用についてです。
リフォームはどの規模で行うかによりますが、すべての部屋をまるごとリフォームするような場合でなければ、建て替えるより費用が安く済みます。
次に、工期についてです。
こちらも費用と同様で、新築を建て替えるよりは、早く終わることがほとんどでしょう。

最後は、住宅ローン控除についてです。
住宅ローン控除とは、新築を購入する際に、住宅ローンを借り入れていた場合、ローン残高に応じた金額が所得税から差し引かれることです。
建て替えの場合は、通常の新築と同じように、住宅ローン控除は適用できるでしょう。
その一方で、リフォームの場合は適応されないと思われがちですが、条件が揃えば受け取り可能です。

□リフォームと建て替えの判断基準を紹介します!

リフォームと建て替えをどのように判断すればいいのかわからない方が多いですよね。
ここでは、判断基準について紹介します。

まずは、建て替えが向いている場合です。
築年数がかなり古い場合や将来家を引き継ぐ人がいる場合、リフォームと建て替えの費用を算出してあまり大差がなかった場合などが挙げられます。
この条件に1つでも当てはまるのであれば、建て替えの方がおすすめでしょう。

次に、リフォームが向いている場合です。
リフォームに向いているのは、今後長く住み続ける確信を持っていない場合やなるべく安い値段で抑えたい場合、構造が丈夫である場合、資産価値がある場合などです。
この条件に多く当てはまるのであればリフォームをおすすめします。

つまり、将来を考えて長く住む可能性があれば建て替えを行い、費用を抑えたい場合はリフォームを行うと良さそうですね。
上記のケースはあくまで1つの判断材料のため、自身の状況とよく相談して決めて下さいね。

□まとめ

建て替えとリフォームの違いと、その判断基準について詳しく紹介しました。
先程も述べましたが、今回紹介したものはあくまで判断材料の1つです。
迷ったときは、是非、業者に相談してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。