実は平屋は耐震性が高い?新潟市の業者が説明します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、開放感やおしゃれな造りで注目を集めている平屋ですが、機能の面においても素晴らしいメリットがあることをご存じですか?

本ページでは平屋を検討中の新潟市に在住の皆さんに向けて、平屋の更なる魅力を耐震性の観点から説明します。

□平屋は耐震性に優れている?平屋の地震におけるメリット3選

日本は地震が多く、近年でも大きな被害をもたらすものもあったため、耐震性を重視する方は多くなってきているのではないでしょうか。
そこで、ここからは平屋の地震におけるメリットを3つ紹介します。

1つ目は揺れが少ないことです。
平屋は重心が低く、また重量が屋根だけなので揺れは感じにくいです。
また、二階建てだと上層部のものが落ちるなどの被害が考えられますが、平屋だとその心配もありません。

2つ目は大きな地震の時に逃げやすいことです。
二階だと逃げ遅れてしまう、また、お年寄り方でしたら階段を下りるのにも時間がかかってしまいます。
平屋の場合は生活空間が一階にまとまっているので、ドアを開けたらすぐに逃げられることが大きなメリットと言えるでしょう。

3つ目は家が潰れにくいことです。
阪神淡路大震災の際は古い二階建てなどは、重さに耐えきれずに潰れてしまうという事態がありましたが、平屋が潰れるケースはほとんどありませんでした。
また、上層部の重量が少ないため、支える力が少なくて済むことも平屋が潰れにくい根拠の1つです。

 

□さらに耐震性に優れた平屋にするには?

平屋が耐震性に強いことがわかったが、まだ心配という方に向けて、ここからは平屋の耐震性をさらに向上させる方法を紹介します。

手順の始めとして、そもそも現段階でどれくらいの耐震性があるのかを耐震診断で確認しましょう。
耐震診断に応じて適切な部位の耐震補強を行ないましょう。
では、耐震補強はいったいどこに行なうことが多いのでしょうか。

1つは筋交いといって柱と柱の間に斜めに入れて建築物の構造を補強する部分の強度の向上が挙げられます。

もう1つは柱を強化することです。
壁ではなく柱を強化することをおすすめする理由は壁を増してしまうとどうしても部屋に光が入りにくくなり、暗くなってしまうからです。

□まとめ

平屋はその重心の低さや、逃げやすさ、潰れにくさから地震に強い建物ということはお分かりいただけましたか?
また、さらに耐震性を向上させたい方は、耐震診断を行なったうえで耐震補強をしましょう。
平屋だからと安心せずに、耐震補強まで考慮して検討すると、後悔のない住まいができるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。