平屋にお住まいの方必見!トイレの位置を決める際の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいの方で、平屋のトイレの位置でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
トイレは大きさや機能だけでなく、位置を考えることがとても大切です。
今回は、トイレの位置の例や位置を決める際の注意点について紹介します。

□トイレの位置の例を紹介

トイレはどこに設置するのがベストなのでしょうか。
ここでは、トイレの位置の例を3パターン紹介します。

1つ目は、洗面や浴室に近い位置です。
この場所に配置すると、家族が使用しやすいでしょう。
お風呂の前や後にトイレに行きたい場合や、朝の準備でトイレが近い方が良い場合にオススメです。

2つ目は、玄関に近い位置です。
来客があった際に、使いやすい場所でしょう。
LDKを通らないで行けるため、落ち着ける場所で、音や匂いも気になりにくいです。

3つ目は、玄関と水回りの両方に近い場所です。
ここに設置するのが、最も勝手が良いでしょう。
来客があった際や家族用のどちらでも使いやすい場所と言えます。

□トイレの位置を決める際の注意点とは

使いやすいトイレにするには、気を付けるポイントがあります。
ここでは、気を付けるべきポイントを3つ紹介します。

1つ目は、使用時の音や匂いです。
使用時に音が聞こえなくしたり、匂いを目立たなくしたりするのはとても大切です。
特に、食事中にトイレの匂いがしたら嫌ですよね。
そのため、リビングやキッチンとの位置関係に配慮する必要があるでしょう。

2つ目は、利用場面を想像することです。
例えば、夜中にトイレに行った経験は少なくないと思います。
トイレがベッドルームに近かったら、使用音が他の家族に聞こえてしまうかもしれません。
その音で家族を起こしてしまう可能性があります。

また、脱衣所にお風呂があれば、お風呂前後に行く分には非常に便利です。
しかしそれだと、お風呂が使用中だとトイレに行けない人が出てくるかもしれません。
このような利用場面を想像して、位置を確定することが大切です。

3つ目は、トイレの優先順位です。
トイレは家の中で大部分を占めるわけでもなく、メインの場所でもないため後回しにされがちです。
リビングやキッチンの場所、収納スペースなどがはじめに考えられることが多いでしょう。
そのため、検討する上ではトイレが後回しとなるパターンが多いです。

しかし、トイレは1日のうちに1回は使用する可能性が高いです。
使う回数が多い場所ですから、後回しにして使い勝手が悪いと不便が多いでしょう。

□まとめ

トイレの位置の例や位置を決める際の注意点について解説しました。
この記事で紹介したポイントに注意して、トイレの位置を検討してみてください。
何かご不明な点がございましたら、是非当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。