平屋にロフトを作るメリットとは?目的を考えることの重要性についても解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいの方で平屋にロフトを作ろうか迷っている方はいらっしゃいませんか。
ロフトを作る際には目的をしっかり持つことで、満足するものができます。
そこで今回は、平屋にロフトを作るメリットや目的を持つことの重要性について紹介します。

□平屋にロフトを作ることのメリットとは

ここでは平屋にロフトを作る際のメリットについて4つご紹介します。

1つ目は、家のスペースを増やせることです。
平屋は限られた土地に建てるため、土地が狭いと、どうしても収納が不足します。

そこで、小屋裏を利用してロフトを作れば、収納スペースを増やせます。
収納スペースの他にも、子供の遊び場や補助的なスペースとしても利用できます。
ただし、このように収納以外の用途でロフトを利用する場合、安全面や温度対策をしっかりしておくことが大切です。
そこさえ突破できれば、ロフトはかなり使いやすい空間となるでしょう。

2つ目は、デッドスペースを生かせることによる固定資産税でのメリットです。
ロフトは規定の水準を満たせば、階数に数えられず、さらに床面積にカウントされないことで固定資産税の増加を防げます。
しかし、その条件はそれぞれ自治体によるため、お住まいの地域のルールに従う必要があります。

3つ目は、広く開放的な空間となる点です。
吹き抜けのリビングにロフトを設置することで天井まで一体感が生まれ、開放的な印象を作り出せます。
最近は吹き抜けのリビングが人気で、天井の勾配を活用し、地上から屋根まで一体化したような空間をつくれます。

また、ロフトとリビングは相互に様子が確認できるため、子供がいる方は特に安心でしょう。
リビングにロフトへの階段があれば、アクセスが容易ですので、ロフトを使いやすいという声もあります。

4つ目は、2階建てより建築コストが抑えられることです。
平屋を2階建てにしようか迷っている方は、平屋とロフトの組み合わせも考えてみてはいかがでしょうか。
2階建てにするより、平屋の屋根面積を活用してロフトを設置する方が、建築費用はかかりません。
しかし、使い道は限られるため、何のために使うのかはしっかりと考える必要があります。

□ロフトを作る際に大切なこと

ゆったりとした間取りの平屋の屋根裏を利用して、色々な使い方が可能なロフトですが、あまり考えずに作ってしまうと後悔するかもしれません。
大切なのはロフトをどのように使うのか目的をしっかり考えることです。
ここでは目的別に作成時のアドバイスをします。

1つ目は、収納として使う場合です。
収納としての利用であれば、はしごより固定階段が良いでしょう。
階段でスペースを取りますが、その分荷物が収納できるため結果的に部屋を広く使えます。
荷物を運びやすくするためにも、幅は十分に確保しましょう。

2つ目は、居室として使用する場合です。
特に書斎や子供の部屋として利用するなら、採光と通気を良くするために窓を付けることが大切です。
また、コンセントもあると便利でしょう。

□まとめ

平屋にロフトを作るメリットや目的を持つことの重要性について解説しました。
最近ではロフトを取り入れた家がどんどん増えてきています。
この記事で紹介した目的を持つことを大切に今の家をさらに便利にしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。