平屋に中庭を作りたいときの間取りとは?新潟市近郊の業者が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋に中庭をつくりたいと思ったことはありませんか。
中庭をつくるに当たっては、間取りを考える必要がありますよね。
ここでは、新潟市近郊の業者が中庭をつくりたいときの間取りを紹介します。

□中庭はどのような効果をもたらしているのか紹介します!

実は、平屋にはデメリットがいくつか存在すると言われています。
まずは、近所の2階建ての部屋から室内が見えやすいこと、日当たりが悪くなることで周りの環境による変化を受けやすいことです。
さらに、2階建てと比較して平面の面積や屋根の面積が大きくなってしまうため、比較的費用が高くなってしまうこともデメリットの1つとして挙げられるでしょう。
また、面積の真ん中に日光が当たりにくいことも、平屋ならではの悩みとなっています。

しかし、中庭にはこれらの平屋のデメリットをカバーする役割があります。
その効果を2つご紹介しましょう。

1つ目は、住空間を広く見せることです。
中庭があることで、平屋の中に大きなプライベートな場所ができます。
そのため、家が広くなったように感じられるでしょう。
開放的な暮らしがおくれそうですね。

2つ目は、固定資産税を抑えられることです。
固定資産税は、土地や建物の価値が評価され値段が決まります。
面積が広く、地価が高い住宅は資産価値が高いとみなされるため、固定資産税が高くなってしまうでしょう。
しかし、中庭は延べ床面積に含まれないため、課税の対象にはなりません。
中庭を設置することによって、通常の平屋より固定資産税が安くなるのは嬉しいメリットですよね。

□中庭のある平屋におすすめの間取りを紹介します!

中庭がもたらす効果について理解したところで、次は中庭のある平屋におすすめの間取りを見ていきましょう。

1つ目は、中庭の形をコの字かロの字にすることです。
コの字型とは、平屋の中央の空きスペースに中庭をつくることです。
そのメリットとしては、大きなスペースがなくてもつくりやすいことや、塀によって周りの目を気にすることないプライベート空間になることなどが挙げられるでしょう。

また、ロの字型とは、住宅に囲まれるように中庭をつくることです。
住宅が中庭を囲っているので防犯性が高く、回遊動線がつくりやすいことが大きなメリットです。

2つ目は中庭をガレージとして使うことです。
自分の家のリビングから車が常に見えるので、車好きとしてはたまりませんよね。
さらに、出かけたいときにすぐに車が出せるため、時間がないときや急いでいるときにもピッタリですね。

□まとめ

中庭がもたらす効果と、中庭のおすすめの間取りを紹介しました。
平屋に中庭があると、さまざまなメリットがあることがお分かり頂けたと思います。
リフォームの際に、ぜひこの記事を参考にして、中庭をつくりたいと思って頂けたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。