平屋に床暖房の設置を検討中の方必見!種類とコストについて新潟の業者が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋を検討しているなら知っておいたほうがいいことがあります。
それは、平屋の床暖房についてです。
部屋を足元から暖めてくれる床暖房は、冬場には非常に便利でしょう。
床暖房と言っても、暖め方について2つの種類があることはご存じでしょうか。
今回は、床暖房の種類とそれぞれの特徴について解説します。

□床暖房にはどのような種類があるのか

部屋の寒さ対策は万全でしょうか。
寒い部屋で生活していると、免疫力の低下やヒートショックなど、健康面でのデメリットが大きいです。

平屋の場合、どうしても床からの寒さが上がってくるイメージがありますよね。
実際には、部屋の寒さは断熱性能による部分が大きいため、平屋だから特別寒いということはありません。

しかし、冬場の寒さは何らかの方法で防ぐ必要があります。
エアコンの暖房や石油ストーブなどが考えられますが、それらにもデメリットがあります。
暖房の場合は空気の乾燥、石油ストーブの場合は火災の心配などが挙げられます。
このような点が気になる方は、床暖房を検討してみるべきでしょう。
また、選ぶ際は主に2種類から選びましょう。

*電気式床暖房とはどのようなものか

電気を使用し、電熱線で温めるタイプの床暖房です。
トイレなどの狭い空間に採用する場合が多いでしょう。

*温水式床暖房とはどのようなものか

ガスや灯油などを燃料として使用し、床下のパイプに温水を通すことで部屋を暖める方法です。
リビングなど、広い空間に採用する場合が多いです。

□床暖房にかかる費用はどれくらいなのか

2種類の光熱費と初期費用を比較して検討しましょう。
光熱費は、電気式の方が温水式より高い傾向にあります。
目安としては、前者が後者の2倍弱と考えて良いでしょう。

一方、初期費用は電気式の方が安い傾向にあります。
他に心配なのがメンテナンス費用ですが、基本的にメンテナンスは不要と言われています。
初期費用と光熱費のバランスを考慮して検討しましょう。

費用以外に選ぶポイントは、設置する場所です。
狭い空間に設置する場合は電気式、家全体の広い空間に使用する場合には温水式を選ぶと良いでしょう。

理由は先ほど紹介した、初期費用と光熱費のバランスです。
キッチンやトイレなどの一部分に設置する場合、初期費用を抑えられる電気式が良いでしょう。
家全体に設置する場合は、光熱費が低い温水式を選びましょう。

床暖房を使用し、冬でも暖かい部屋で健康に生活しましょう。

□まとめ

床暖房について知っていただけたと思います。
主に電気式と温水式の2種類があり、それぞれの特徴があります。
基本的に、初期費用が抑えられるのは電気式で、普段の光熱費が低いのが温水式でしょう。
冬場はどうしても足元の寒さが気になるため、暖かい部屋で生活したい方は床暖房を設置するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。