平屋に必要な防犯窓とは?新潟市の住宅店が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市にお住いの皆さん、防犯対策はできていますか。
平屋は泥棒に狙われやすいという噂があるので、何か防犯対策をしたいと考えられている方が多いでしょう。
ここでは、平屋の防犯対策について詳しく紹介します。

□平屋は泥棒に狙われやすいって本当!?

防犯対策について確認する前に泥棒の心理状態を見ていきましょう。
泥棒の心理状態を理解することで、より有効な防犯対策が見えきます。
まずは、泥棒が狙いやすい住宅の3つの特徴を順番に紹介します。

1つ目は、死角が多い家です。
死角が多いと近所の人から目撃されにくいため、泥棒が家に侵入しやすいでしょう。

2つ目は、防犯意識が低い家です。
鍵をかけていないといった防犯意識が低い家は、泥棒が入りやすく狙われやすいことが予想されますね。

3つ目は、新築1年以内の家です。
新築の家がたくさんある住宅街では、建設工事の出入りが多く、また近所同士の付き合いが薄いことが多いでしょう。
そのため、泥棒が周辺を歩いていても不審に感じられることがないので、侵入しやすい状況であると言われています。

平屋は泥棒に侵入されやすい理由は、泥棒が侵入する窓が多いことが挙げられます。
平屋は窓がすべて1階にあるため、足場が設置しやすく泥棒にとって好都合だといえるでしょう。

□平屋の窓の防犯対策について紹介します!

平屋の防犯対策は、窓が重要であることがわかりましたね。
次は、平屋の窓の防犯対策について見ていきましょう。

防犯性の高い窓ガラスは2種類あります。
1つ目は、合わせガラスです。
合わせガラスとはガラスの間に中間膜という板が張り付けられているガラスのことです。

中間膜にポチビニルプチラールという素材が入っており、これがガラスを頑丈にしているのでしょう。

泥棒は、ガラスを割って侵入することが多いです。
ガラスが頑丈であればあるほど時間がかかるため、泥棒が諦める可能性が高くなるでしょう。

2つ目は、複層ガラスと合わせ複層ガラスです。
複層ガラスとは、2枚のガラスがセットになっており、そこに少しの隙間が存在するガラスです。
また合わせ複層ガラスは、中空層の両側にあるガラスが合わせガラスになっています。
これによって割れにくい、防犯性能の高い構造を実現しているのでしょう。

□まとめ

泥棒の心理と平屋の防犯対策について紹介しました。
窓が防犯対策で重要であることを理解して頂けたでしょうか。
今回紹介したことを参考に、平屋で安心して暮らせるように防犯対策を行って頂けたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。