平屋のトイレの数と配置はどうするべき?新潟の業者が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋の場合、トイレの個数や配置はどのようにすべきなのでしょうか。
今まで平屋に住んだことの無い方は、検討するのが難しいでしょう。
今回は、平屋のトイレの個数と配置について、新潟の業者が解説します。

□平屋のトイレの個数の決め方とは

トイレの個数を考える際は、人数で決めるのが良いでしょう。
目安としては、2、3人であれば1つでも問題ないはずです。
4人以上の住人がいる場合、2つは必要になってくるでしょう。
朝の忙しい時間帯に、トイレを使用するタイミングが重なることは多いですよね。
毎朝順番待ちをするのはストレスに繋がるため、十分な数のトイレを確保しておくべきでしょう。

二階建ての場合は各階にトイレを設置する方が多いのですが、平屋で床面積が狭い場合は、トイレを1つにすることを検討する方もいます。
階数や面積ではなく、生活する人数を基準に個数を考えると無難でしょう。

□平屋のトイレ配置のポイントとは

平屋のトイレの配置を決める際のポイントは、主に音と動線です。

*音に注意すべき

トイレの流す音が気になるという方も多いでしょう。
居室のすぐ隣にトイレを配置した場合、流すたびに音が聞こえてくることになります。
基本的に居室とトイレは、廊下を挟んで配置するのがベストです。
隣に配置する場合にも、壁一枚を挟んで配置するのは避け、収納スペースなどで空間を作るようにしましょう。

*動線に注意すべき

トイレの動線には注意しましょう。
水回りに配置することの多いトイレですが、脱衣所からしか通れない間取りにすると不便です。
誰かが脱衣所を使っているときにトイレに行けなくなるためです。
やはり、朝の時間帯に使用するタイミングが重なることになります。

他にも、玄関付近への配置は場合によってはおすすめできません。
帰ってきてすぐにトイレを使える利便性から、玄関付近の廊下にトイレを配置する方は多いです。
しかし、玄関からの来客時にトイレから出てくることが気になる方は、避けるべきでしょう。

また、間取りに融通が利くのであれば、トイレは他の水回りの近くに配置しましょう。
配管を複雑にすると工事費や維持費が高くなりやすいためです。

□まとめ

平屋のトイレの個数や配置の決め方について解説しました。
個数は、床面積ではなく人数から決めるのが良いでしょう。
使用のタイミングが重なるととても不便だからです。
配置を決める際はまずは音に注意しましょう。
居室との隣接はできるだけ避けましょう。
また、脱衣所からしか通れない間取りも避けるべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。