平屋の収納のコツとは?新潟市近郊の注文住宅店がご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋に住む予定のある方の中には収納スペースの少なさを気にしている方もいらっしゃいます。
確かに、2階建てに比べると収納スペースは少ないようにも思われます。
しかし、実際はちょっとした工夫で十分な収納スペースを確保できるでしょう。
そこで今回は、平屋の収納に関して新潟市近郊の注文住宅のプロが紹介します。

□平屋の収納のコツ

平屋収納のコツは、「床下収納を作る」、「屋根裏を有効活用する」、「収納家具を活用する」の3点に分けられます。
以下の章では、それぞれの方法を具体的に紹介します。

*床下収納を作る

床下収納の特徴としては間取りを圧迫しないことが挙げられます。
非常用のミネラルウォーターや缶詰、レトルト食品などの備蓄品や、キッチン用品の予備などを収納する時に重宝します。

余ったスペースがあれば買いだめができるようになるので、買い物の手間が省けるというメリットもあります。
ただ注意すべき点として、床下収納は湿気がこもりやすいので生ものの保管には不向きであることが挙げられるでしょう。

*屋根裏を有効活用する

デッドスペースになりがちな屋根裏も収納として活用しましょう。
子どもの頃であれば屋根裏は貴重な遊び場の1つになりますが、大人にとっては屋根裏に行くという行動自体が面倒と感じる方が多いのではないでしょうか。
収納する際には使用頻度ごとに分類した方がしまうのも取り出すのも楽になりますが、屋根裏に収納する物は使用頻度の低い方が良いでしょう。

使用頻度の低い物と言ってもなかなかイメージしにくいと思うので、いくつか代表例を紹介します。
スキー用品やマリーンスポーツ道具などの使う時期が限定されている季節製品は屋根裏収納を活用しましょう。
アルバムや記念品などの思い出の品は大切に保管したいものの、使用頻度自体は少ないので屋根裏収納に賢く収納してください。

*収納家具を使用する

ここでは利便性の高い収納家具を2つ紹介します。

1つ目は間仕切り壁と呼ばれる、リビングと収納スペースを区切るアイテムです。
この収納道具があれば、来客を迎え入れるスペースでもあるリビングのすぐ近くに収納スペースを作れます。

2つ目はシューズクロークです。
湿気が溜まりやすくなるので除湿グッズを設置するなどの対策を講じる必要がありますが、靴だけでなく傘や外出時に必要な道具をまとめてすっきりと収納できるので便利でしょう。

□まとめ

今回は平屋の収納のコツを紹介しました。
デッドスペースになってしまっている場所でも上手く活用すれば収納スペースに早変わりします。
ぜひこの機会に、すっきりと物を収納してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。