平屋の外壁デザインでお悩みの方へ!新潟市の業者がポイントと選び方を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋にはさまざまな種類の外観があります。
和風な木造住宅もあれば現代的な洋風建築もあります。
そのため平屋を建てるとき、外観をどのようなものにするかを決めるのは難しいです。
そこで今回の記事では平屋の外壁デザインのポイントと選び方を解説します。

□平屋の外壁デザインのポイントを解説します!

初めに外壁デザインについて考えるときにした方がいいことは、全体のイメージを考えることです。
「中庭をどのような形にしよう?」「ベランダは大きい方がいいな」
このような細いところは後から決めましょう。

*屋根の高低を生かしたデザインにする

まず、多くの平屋は屋根が低いです。
そのため、外から見られたときに屋根の部分は目に入りやすくなります。
つまり、屋根は平屋の外観の印象に大きな影響を与えています。

*日当たりや風通しが良くなる工夫をする

平屋は2階建ての家に比べて日当たりや風通しは悪くなりやすいです。
そのため、平屋を建てるときには日当たりや風通しのことに注意して建てましょう。

*窓を大きくするときは外からの視線に注意

平屋を建てるときに多くの人が考えることが「開放的な平屋にしたいから、窓を大きくしよう」といったようなことです。
確かに窓を大きくすれば開放的でいい家に見えます。
しかし、その反対にそれだけ窓が大きければ外の人からも中が見えやすいという問題があります。
そうすると防犯面でも不安になってきます。
なぜなら家の中が丸見えということは、生活環境や家族構成を把握しやすく、泥棒にとっては好都合だからです。
そのため、少し窓を小さくし、必要のないときはカーテンを閉める工夫が必要です。

□外壁の色はどうやって選べばいいの?

外壁の色は初めて見たときの印象を大きく左右します。
色次第ではクールなイメージの家になったり、モダンでおしゃれな家になったりします。
そのため、外壁の色選びはとても重要です。

オススメはグレーや白色などのシックな色です。
シックな色を使うとコンパクトでまとまりのある雰囲気をだせます。
しかし欠点もあり、外壁の汚れが目立ちやすいことです。

反対に際立った家にしたい場合はオレンジや赤色などのモノトーン系以外の色を使えばいいでしょう。
そのほかにも複数の色を組み合わせることで統一感を出せます。
このように色の使い方次第で自分好みの平屋にできます。

 

□まとめ

今回は平屋の外壁デザインの解説をしました。
具体的には外壁選びで重要なのは全体像から考えること、日当たりや窓の大きさに注意すること、色次第で外壁の印象は大きく変わることです。
ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。