平屋の後悔例と注意点について新潟の業者が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋をお考えの方はぜひご覧ください。
後悔しない平屋を建てるためには、ある程度の数の失敗例を知っておくことが大切です。
また、失敗しないための注意点は頭に入れたうえで家の相談に臨むべきでしょう。
今回は、平屋のよくある後悔例と、失敗しないための注意点について新潟の注文住宅業者が解説いたします。

□平屋でよくある後悔例とは

家について検討する際、失敗例を頭に入れておくとスムーズに考えられるでしょう。
特に、平屋ならではの後悔例を知っておきましょう。

*予算の使い方

注文住宅の場合、まず予算を決めてから家を検討する方がほとんどでしょう。
その予算の使い方は十分に検討しましょう。
基本的には、実現したいことに優先順位をつけ、予算内で譲れないことと妥協することを決めていく方法を取るでしょう。
しかし、妥協した点が思いがけないデメリットをもたらす場合があります。

具体的には、狭い土地に平屋を建てることです。
もちろん、予算があまりない場合は仕方のないことですが、内装やデザインに費用をかけすぎて、その分のしわ寄せが土地代にきてしまうという場合は注意しましょう。
周りに2階建ての家が多い場合、または後から建ってくる場合、敷地に余裕がないと圧迫感があるでしょう。

*風通しや採光

平屋は、どうしても風通しや採光がよくない部屋ができやすいです。
あまりに風通しが悪いと、湿気やカビの原因になりますので注意しましょう。

*動線が悪い

家の面積が広くなりやすい平屋では、部屋の間の移動距離が長くなってしまうことがあります。
動線が悪いと、家事の際にも効率の悪さを感じてしまうでしょう。

□失敗しないための注意点とは

このような失敗を防ぐための注意点を紹介します。

予算から家の大きさや敷地面積を決める際には、敷地面積に対し、ある程度の余裕を持った家の大きさを心がけましょう。
間取りで予算を削減するためには、部屋の数を減らすことが効果的です。
壁の数が少ないとその分の工事費が抑えられやすいでしょう。

風通しは窓の配置で改善できます。
風が通るように対面に窓を配置しましょう。
採光のためには、窓の方角に十分注意しましょう。

動線を考える際は、まず家事や生活の際の人の動きをイメージしましょう。
例えば洗濯の際の一連の流れを考えると、洗濯機と洗濯物を干すテラス、収納スペースの間の移動をスムーズにするべきです。
移動距離を短くし、十分な広さの通り道を確保するようにしましょう。

□まとめ

平屋の後悔例と、注意点を紹介しました。
まずは、予算の使い方に注意しましょう。
特に、予算の削減のために狭い土地に建てるのはおすすめできません。
また、風通しや採光には注意して間取りを検討しましょう。
さらに、動線の良い間取りを心がけると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。