平屋の購入を検討中の方へ!防犯対策のポイントについて解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様のお家の防犯対策は万全でしょうか。
平屋であると、ご自身の防犯が必要となります。
平屋の購入をご検討中の方、本記事で防犯対策のポイントを押さえましょう。

□平屋でもっともの多い窓からの侵入防止対策について

平屋への侵入経路として1番多い場所が、窓です。
よって、窓からの侵入を防ぐことにより、空き巣による被害を受けるリスクは軽減されるでしょう。
そこで、窓の防犯対策について説明いたします。

まず、窓や玄関などの出入り口にセンサーライトを付けましょう。
このセンサーライトは、人の動きを感知して光ります。
空き巣はこの光を嫌うため、センサーライトのある家への犯行は避けるでしょう。

次に、防犯カメラの設置です。
この防犯カメラは、空き巣の未然防止と証拠のために設置します。
センサーライトと同様に、空き巣は防犯カメラを嫌います。
また、もしも、防犯カメラに気づかずに空き巣をしたとしても、防犯カメラの映像が十分な証拠となるでしょう。

次に、二重窓の設置です。
空き巣は、窓を割って侵入することが多くあります。
そこで、二重窓を設置することで、施錠が倍になることに加え、窓を割るのに時間がかかるため、時間稼ぎとなります。

そして、窓ガラスに外れ止めを設置することです。
外れ止めとは、外力により窓が外れることを防ぐための道具を指します。
劣化が進むと、窓の隙間ができやすくなり、侵入もしやすくなるので注意が必要でしょう。

また、縦長や格子付きの窓にすることも有効でしょう。
この様な窓の形は、空き巣が通り抜けにくくなります。
よって、時間稼ぎが出来たり、犯行を未然に避けられたりします。

最後に、シャッターを取り付けるのもよいでしょう。
窓にシャッターを取り付けることにより、空き巣防止の他、雨や火事から身を守れます。

□平屋の防犯対策とは

平屋での防犯対策は、主に5つです。

1つ目は、防犯フィルムを取り付けることです。
防犯フィルムは、窓が簡単に割れることを防いでくれます。
割れにくくすることにより、空き巣は侵入に長く時間がかかると判断して、あきらめるでしょう。

2つ目は、補助鍵の設置です。
補助鍵を付けることで、解錠をすることが一気に難しくなります。
1つ目の防犯フィルム同様、空き巣は侵入をあきらめるでしょう。

3つ目は、死角を作らないことです。
空き巣は、死角から侵入します。
そのような死角を減らすことで、空き巣が身を隠しにくくなります。

4つ目は、センサーライトの設置です。
5つ目は、ご近所付き合いを欠かさないことです。

この5つのことを意識することで、空き巣による被害を軽減できます。

□まとめ

このように、空き巣の平屋への侵入を防ぐ方法は、いくつもあります。
その中で、皆様が取り組みやすいものから、ご検討ください。
新潟市近郊にお住いの方は、何かお困りのことがあれば、当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。