平屋の間取りの注意点とは?新潟市の業者が注意点を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんは平屋に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?
快適に生活できそう、コストがかかりそう、自然に触れる回数が多そうなど良い印象、あまり良くない印象、さまざまな印象があると思います。
平屋は間取りが肝心なので、今回の記事では実際に建てるときに失敗しないように平屋の間取りの注意点を解説します。

□平屋を建てるときの間取りの注意点を解説します!

主に平屋の間取りを建てるときに注意すべきことは3つです。

1つ目は通風と採光に気をつけることです。
通風とは外から中に新鮮な風を取り入れることを指します。
そして、この2つに気をつけて家を建てましょう。
特に面積が狭くなりやすい都心部や2階建ての戸建てが並んでいる場所だと、いい風を取り入れられず、また十分な光も取り入れられない可能性があります。
そのため、この2つの観点に注意しながら場所選びや間取りを考えましょう。

2つ目は共有スペースとプライベートゾーンの距離を考えましょう。
共有スペースとプライベートゾーンが近すぎる間取りの設計をしてしまうと、プライベートゾーンで安心感を感じられないからです。

例えば自分の仕事をしたり、読書をしたりするための、いわゆる集中したいプライベートの空間は必要ですよね。
もし、その空間が子供たちと遊んだり家族みんなで団欒したりするところが隣接していたら、子供達に声が聞こえて集中できないです。
そのため2つの空間はしっかり分けましょう。

3つ目は部屋を細かく仕切った間取りです。
あまりに部屋を細かく仕切りすぎると、せっかくの平屋が狭く感じてしまうからです。
例えば20畳のスペースがある部屋を4つの5畳の部屋に区切ってしまうと4分の1の広さに感じてしまいます。

□平屋の間取りの具体的な失敗例から学ぼう!

ここまで平屋を建てるときの間取りの注意点を解説しましたが、ここからは具体的な失敗例を見てそこから学んでいきましょう。

「ライフスタイルの変化に対応できない平屋の間取り」、「親が子供を自然に管理できない平屋の間取り」、「よく行く2つ部屋の距離が離れている間取り」などが挙げられます。
例えば「よく行く2つの部屋の距離が離れている間取り」では近ければ数秒で着くはずなのに遠いがために数十秒かけて毎日何回も行き来するのは大変です。
このような失敗例から失敗を減らせるようにしましょう。

□まとめ

平屋建てるときの注意点を理解していただけたでしょうか?
少しでも理解が深まるだけで実際に建てるときの失敗を減らせます。
ぜひ実際に建てる際に参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。