平屋は本当に寒い?新潟市近郊の注文住宅店が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋の寒さについて心配している方は必見です。
昔ながらの平屋や、アパートの1階で寒さを経験している方は、なんとなく平屋は寒いというイメージをお持ちではないでしょうか。
結論から言うと、断熱のしっかりした平屋は寒くないと言えます。
今回は、平屋の寒さと断熱について新潟市近郊の注文住宅業者が解説いたします。

□平屋が寒くなりやすいと言われる理由とは

平屋は寒くなりやすいというイメージをお持ちの方は一定数いらっしゃるでしょう。
しかし、その認識は改め、単なるイメージに過ぎない部分と、構造的に寒くなりやすいという点を切り離して認識するべきでしょう。

まず、構造的に寒くなりやすい点を解説します。
1階建ての平屋住宅では、2階建てと比べて天井を高くする傾向があります。
冷たい空気は下に降りてきますので、必然的に生活スペースの気温は下がることになりますよね。
このような傾向は、物理的な根拠を持って説明される事実です。
従って、天井が高ければ高いほど暖かい空気は上昇しやすいと言えます。
しかし、これは家の中での相対的な気温であり、家全体が暖かい場合は生活空間だけ寒くなるということは無いでしょう。

次に、寒いイメージの要因と、断熱の家ではその心配がないことを解説します。
おそらく、昔ながらの平屋やアパートの1階の寒さは、床から冷気が上がってくるような底冷えのイメージがあると思います。
しかしこれも、床下の断熱がしっかりしている場合には心配ありません。

家が寒いと、免疫の低下やヒートショックなどで住む人の健康を損なうかもしれません。
家選びにおいて、断熱は重要なポイントでしょう。

□平屋を寒くしないための対策とは

断熱がしっかりしていれば寒くないとされる平屋ですが、さらに寒さを対策したい場合の方法をご紹介します。

*窓の断熱について解説

家の中で最も熱が逃げていくのが窓です。
窓の断熱性能を高めるためにおすすめなのが二重窓や断熱ガラス窓でしょう。
ガラスとガラスの間に空気層があることで、熱の伝達が弱まり、家の中の熱が外に逃げにくくなります。

また、窓のサッシにも注意しましょう。
アルミサッシは熱を伝えやすいため、断熱のためには樹脂や木製のサッシが良いでしょう。

*シーリングファンもおすすめ

暖かい空気は天井付近に流れるため、天井からの空気の循環により、効果的に部屋を暖かくできます。

□まとめ

断熱のしっかりした平屋が寒くない理由について解説しました。
平屋は、構造的に天井を高くしやすいため、確かに寒くなりやすいです。
しかし窓や壁の断熱がしっかりとしていれば、寒くなることは無いでしょう。
また、寒い家に住んでいると体調にも影響を及ぼすことがあります。
断熱のしっかりした平屋で、健康に暮らしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。