平屋をお考えの方へ!収納に関する問題について紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市にお住まいの方で、平屋を検討している方はいませんか。

今回は、平屋の収納に関するアイデアや十分な収納を確保するためのポイントについて紹介します。

□平屋の収納に関するアイデアについて

ここでは平屋の収納に関するアイデアを2つ紹介します。

1つ目は間仕切り壁です。
リビングは生活の中心となる場所であり、客をもてなす場所でもあります。
リビングがものでごちゃごちゃしていると探し物に困ったり、気まずい経験をしたりするかもしれませんよね。
間仕切り壁があればそれらの問題を解決できるでしょう。

間仕切り壁で仕切った向こう側には、通学用のリュックや客に見られたくないものも置けます。
また、鏡を置いて身だしなみを整えるスペースにもできるでしょう。

2つ目はシューズクロークです。
平屋の収納を考える際には、玄関の収納スペースにも注意が必要です。
玄関は人を迎え入れる場所であるので、きれいにしておきたいですよね。
少ないスペースで収納を確保したいなら、シューズクロークがおすすめです。

玄関は靴や傘の他にも、将来ベビーカーを置く可能性もあるでしょう。
間取りを変える必要があるかもしれませんが、玄関にさまざまなものが収納できると、とても便利ですよね。

広さによっては、自転車の収納もできます。
引き戸にすれば、普段は開いたままの状態でも、客が来た際に閉めるだけで簡単にものを隠せます。
ただし湿気がたまりやすいため、除湿の商品を利用したり、こまめに換気をしたりするように心がけましょう。

□十分な収納を確保するためのポイントとは

平屋の場合、間取りは土地の広さで決まります。
そのため、収納は限られたスペースでどれだけ効率的にできるかが重要です。
そこで、十分な収納を確保するためのポイントについて3つ紹介します。

1つ目は家族全員分の持ち物の量を把握しておくことです。
そうすれば、収納に必要なスペースが分かります。

あまりにも物が多すぎる場合は、必要のないものを捨てるのが良いでしょう。
引っ越しを機に思い切って断捨離をしてみましょう。

また、家電や掃除用品についても確認しましょう。
最近ではオーブン機能がついた電子レンジも販売されており、2つ置く必要がなくなりスペースに余裕ができます。

掃除機もスティックタイプのものにすれば、小さくて場所を取りません。
部屋のスペースに余裕を持たせ、十分に収納スペースを確保するためには、このような小さな工夫が大切です。

2つ目は、収納スペースの大きさを把握しておくことです。
収納スペースを考える際は、寸法を知っておく必要があります。
収納スペースを確保するために、壁や隙間を利用して収納スペースを確保するのも良いですね。

収納スペースに関して業者に任せきりにしてしまうと、自分が置きたいものと収納スペースの大きさが合わずに、ものが置けなくなる可能性があります。
このようなことにならないために、業者と事前に入念にプランニングをするようにしましょう。
その際は、寸法を細かく確認し収納スペースが十分なのかどうかを確認しておきましょう。

3つ目は床下や屋根裏を活用することです。
どうしても収納スペースがない場合は、床下や屋根裏部屋を使いましょう。

その際は、せっけんのストックなど暑くても腐らないような日用品を置くようにしましょう。
床下や屋根裏部屋は出し入れがしにくいため、よく使うものを置かないように注意してください。

□まとめ

平屋の収納に関するアイデアや十分な収納を確保するためのポイントについて解説しました。
平屋を検討している方は、ぜひこの記事の収納のアイデアを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。