平屋をお考えの方へ!平屋で布団干しはできるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「平屋で布団干しはできるのだろうか」
新潟市にお住まいの方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
平屋に関する質問で多いのが、洗濯物に関する質問です。
そこで今回は平屋で洗濯物を干す際に、考えることやアイデアについて紹介します。

□平屋で洗濯物を干す際に考えることとは

ここでは実際に平屋に住んでいる人が、洗濯物を干す際に考えていることについて紹介します。
1つ目は雨の日に、洗濯物をどうするのかです。
普段外干しをしている方であれば、雨の日の洗濯物に関して困ることもあるのではないでしょうか。

1つの対策方法としては、天井干しのアンアンバーをつける方法があります。
梁(はり)が見えている設計であればそこに固定し、ひっかけて部屋干しができます。
しかし、あまり掛けすぎると落ちてくる可能性があるため注意しましょう。

2つ目は下着をどう干すかです。
下着は外に干しにくいため、DIYで部屋干しをするという方もいるようです。
例えば金具とS字フックを取り付けると、そこに下着を干せます。
来客時には見えないように十分に注意しましょう。

平屋は洗濯物の面で不便と思われがちですが、工夫次第で快適に過ごせます。
また、平屋だと行動範囲が広くないので、家事の動線上でも便利なことが多いでしょう。

□平屋で布団を干す際のアイデアについて

平屋で洗濯物を干す際のアイデアは、多岐にわたります。
建てる前に考えておきたい、平屋の洗濯物干しのアイデアについて紹介します。

1つ目は、テラスやウッドデッキを利用することです。
土地に余裕がある場合は、テラスやウッドデッキを広くし、洗濯物を干すスペースを広げましょう。
靴に履き替える必要がなく、そのまま洗濯物が干せるので便利ですよね。

しかし、これらに屋根をつけると、建築面積に含まれる場合があるので気をつけてください。

2つ目は中庭を作ることです。
家をロ型にすると、外からの視線を気にせず洗濯物を干せるでしょう。
またこの形にすると、プライバシーが守れるためおすすめです。
中庭の一部が道路に面している際は、フェンスや格子で遮れます。

しかし、フェンスや格子は高すぎたり間隔が広すぎたりすると、セキュリティー面で危険です。
目安としては、洗濯物が外から見えないくらいの高さにすると良いでしょう。

3つ目は、ラウンドリールームを設置することです。
室内にラウンドリールームがあれば、洗濯物の洗う、干す、畳むという一連の動作がその場でできるので便利でしょう。
アイロンが収納できればさらに良いですね。

この際は、ラウンドリールームが作れる敷地面積が確保できるかどうかをよく考えるようにしましょう。

4つ目は、ドライルームを作ることです。
室内に洗濯物を干すと、生乾きになる可能性があります。
また、リビングに干すと急な来客時に片付けるのが面倒でしょう。
ドライルームを作れば、それらの悩みが解決します。

ドライルームは日がよく当たる、風通しの良いところに作ると良いでしょう。
しかし、スペースは限られているため、設置する際は工夫が必要です。

5つ目は、乾燥機を活用することです。
最近では洗濯機に乾燥機能が付いているものもあります。

近くにコインランドリーがあれば、そこで乾燥機を利用するのも良いでしょう。
平屋にお住まいの方に限らず、花粉が多い季節には乾燥機を利用される方は多いようです。

□まとめ

平屋で洗濯物を干す際に考えることやアイデアについて解説しました。
平屋に住みたいとお考えの方は、この記事で紹介したことをぜひ参考にしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。