平屋を建てる際のおすすめの屋根を新潟市の業者がご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年人気を集める平屋ですが、建設を検討されてから屋根に悩む方が多く見受けられます。
本ページをご覧の方の中にも、平屋の屋根についての悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
そこで、本ページでは新潟市在住の方に向けて、平屋の屋根について紹介します。

□平屋の屋根は片流れ屋根が一般的!片流れ屋根のメリットとデメリットを紹介

平屋の屋根に関して調べを進めていくと、片流れ屋根をよく見かけるのではないでしょうか。
片流れ屋根とは、文字通り一方向だけに勾配のある屋根のことで、小さな建物の屋根にしばしば見受けられます。
では、片流れ屋根にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

片流れ屋根の最大のメリットは、費用が安く済むことです。
構造がシンプルなことから他の種類の屋根よりも材料や工事費用が抑えられます。
さらに、太陽光パネルの設置を考えている方でしたら、太陽光パネルを多く設置できるといったメリットも享受できます。
また、屋根裏スペースも広く確保できるので物置などに屋根裏を使いたい方にもおすすめでしょう。

デメリットとしては片流れ屋根は一方向に雨が流れてしまい、ダメージが分散されないので劣化が少し早いと言われます。しかし目に見えて激しく違うほどではありません。

 

□片流れ屋根を検討中の方は要チェック!注意すべきポイントを紹介

片流れ屋根のメリットとデメリットを把握していただいたうえで、ここからは片流れ屋根で建築する際に注意すべきポイントを紹介します。

片流れ屋根に限った事ではありませんが劣化による雨漏りなどは建物であれば想定しておく必要があります。
そのため、いつでも修理を依頼できるように保証をしっかり確認しましょう。
普段はつい軽視してしまいがちな保証ですが、このパターンでは特に意識しましょう。

もう1つは複数の業者の話を聞かれると良いでしょう。
最初から相場を把握することや、適切な価格を認識することはなかなか難しいですよね。
あまり多くの業者と話しても混乱する方もいらっしゃいますが複数の業者と話をして、信頼できそうな会社を絞り込み、簡易的にでも概算の予算を出してもらうことをおすすめします。

いよいよ計画が進んできたら具体的な検討に発展させると良いでしょう。

□まとめ

片流れ屋根のメリットとデメリットや注意すべきポイントはお分かりいただけましたか?
費用が安く済む反面、好みの問題や多少の弱点もある事なども念頭に入れて検討しましょう。
また、その時は保証の確認なども忘れずに打合せを進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。