平屋を検討中の新潟市の方へ!キッチンを考えるコツをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋の開放感や家族とのコミュニケーションの取りやすさなどから平屋の建設を検討の方は多いのではないでしょうか。
しかし、具体的に間取りを考えると何から考えたら良いのか分からない方も多いと思います。
本ページでは平屋を検討中の新潟市の方に向けて、間取りを考える際に重要なキッチンの配置のコツを紹介します。

□キッチンは部屋の真ん中に配置することが無難!

家事をする中で多くの時間を費やすキッチンですが、平屋ではどこに配置するのがベストなのでしょうか。

部屋の隅などを想像される方が多いように思われますが、実は平屋においてキッチンは真ん中に配置することが人気です。
これは平屋においては家事の動線が非常に重要になってくるからです。
また、水回りは一か所にまとめることで、忙しい時間でも「ながら家事」で効率的に動けるのではないでしょうか。

さらに、寝室からはなるべく距離をとって配置することで、洗い物の音などに気を使わなくて済みます。

上記のようにキッチンは家事の動線を考えるうえで非常に重要なポジションになってくるので、ご自身のライフスタイルに合った形で判断すると良いのではないでしょうか。

 

□キッチンの形から考えよう!考える際の3つのコツ

キッチンの配置に関してお分かりいただいたところで、ここからは一番初めに考えてほしいキッチンの形を考えるコツを3つ紹介します。

1つは形の考え方です。
キッチンの形の種類には「I型」「アイランド型」「ペニンシュラ型」「L型」の4種類があります。
例えば、会話を楽しみながらキッチンで作業したい方はペニンシュラ型のようにキッチンが前面に開いている形が良いのではないでしょうか。

※ペニンシュラ型とは(半島)の意味を持ちキッチン本体の左右どちらかが壁に面したレイアウトです。

2つ目は動線を考慮することです。
ご自身の家事の動線を想像してみて、キッチンがどこにあると最も動きやすいかなどを考えてみても良いかもしれません。
お子さんがいらっしゃる方は、すぐにお子さんに目が届くような場所への配置がおすすめです。

3つ目はデザインです。
インターネットなどで調べてみるとお洒落なキッチンがたくさん出てくるので、自分好みの飽きないスタイルを見つけましょう。
キッチンは間取りの中心の存在になることが多く、空間全体の印象に影響を及ぼすので、じっくり検討してみてください。

□まとめ

キッチンの配置場所や考える際のコツを紹介してきましたが、参考にしていただけたでしょうか?
平屋においてキッチンはとても重要な印象付けの要因ですので、じっくりと考えて納得のいくものにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。