建て替えと新築の違いとは?それぞれのメリットとデメリットについても紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えと新築の違いとは?それぞれのメリットとデメリットについても紹介します!

家づくりを検討していて、「建て替える」という表現を耳にしたことがあるでしょうか。
しかし、これは新築とは何が違うのでしょうか。
この記事では新築と建て替えの違い、建て替えとリフォームのメリットとデメリットをご紹介します。

新築と建て替えの違いとは?

□新築と建て替えの違いとは?

新築とは、何もない更地に新しく基礎から造って建築した家のことをいいます。
新築では建物の配置や間取りのプランを総合的に計画できます。
建売住宅では、築年数1年未満の物件を「新築」と呼び、1年を経過すると新築として扱われなくなります。

建て替えとは、すでに存在する建物を取り壊して建て直すことをいいます。
住まいを解体撤去して、新居を新築するといえばイメージがつくのではないでしょうか。

□建て替えとリフォームのメリットとデメリットを解説します!

では、建て替えとリフォームの特徴には何があるのでしょうか。
ここでは、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

まずは、建て替えです。
建て替えの最大のメリットは、今までの住まいで感じていた不満を解消できる点です。
一度基礎から全て取り壊して新しい建物を建てるので、間取りや設備の不満点をなくせます。
加えて、地盤調査や地盤改良工事なども可能なので、より強度のある耐震性に優れた住宅にできます。

一方で、建て替えのデメリットは、工事費用が高くなってしまうことです。
建て替えでは、解体工事から基礎工事、外構工事まで幅広く工事を行わなければなりません。
また、工事中は仮の住まいに引っ越さなければならないので、家賃もかかってくるでしょう。

次は、リフォームです。
リフォームのメリットは建て替え工事と比較して費用を抑えられる点です。
また、リフォームの規模によって異なりますが、一般的に建て替えよりも早く工事を終えられます。

さらに、必要最低限の工事を行える点もメリットの1つです。
内装や設備の劣化度合いに合わせて数年おきにリフォームを行うことによって、まとまった費用を支払う必要はなくなります。

リフォームのデメリットは、建て替えに比べて間取りや設備の自由度が下がってしまうことです。
すでに出来上がっている建物内での工事しかできないため、大規模な間取り変更は難しいです。

建て替えとリフォームのメリットとデメリットを解説します!

□まとめ

新築と建て替えの違いについて知っていただけたでしょうか。
また、建て替えとリフォームのメリットとデメリットについても解説しました。
当社は新潟市周辺で新築や建て替え、リフォームの依頼を承っておりますので、ぜひご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。