ga('create', 'UA-105792747-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');

新潟でお風呂場の寒さにお悩みの方必見!断熱リフォームという選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

冬場に体を温めてくれる気持ちの良いお風呂ですが、お風呂に入る前や上がってからの寒さを考えるとお風呂場の寒さに対する憂鬱さの方が勝るということはありませんか?
お風呂で十分に体を温めることができないと、血行不良を招いたり、リフレッシュできなかったりと、悪影響が出てしまいかねません。
今回は、快適なお風呂場を叶えてくれる断熱リフォームについてご紹介していきます。

⬜︎脱衣所や浴室の寒さに潜む危険

室内の断熱はしっかりしていても、実はユニットバスや浴室の断熱は見落とされがちです。
水回りの配管や排水の設備が入り組んでおり、床下の断熱材を入れる工程を手間を省いたり、湿気や結露を理由にして施工しない工務店もある程です。
しかし、住宅内での事故において、脱衣所や浴室のヒートショックの事故は高い割合を占めています。
ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧が大きく変動してしまい、それにより心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまい、身体への影響が及ぶことを指します。
真冬は、暖房をつけた暖かい部屋と浴室やトイレなどの冷えた空間では温度差が10度以上あると言われています。
この温度差は、健康的な若い人なら耐えうるかもしれませんが、高齢者は重大な病気を引き起こしかねない危険な状態となります。

⬜︎風呂場や脱衣所の断熱リフォーム

先述したヒートショックを防ぐためにできることの一つが、「部屋間の温度差を小さくする」ということです。
そのためにできるのが、風呂場や脱衣所の断熱リフォームです。
風呂場や脱衣所が寒い理由として、床下の断熱や気流止めが不十分だからということが考えられます。
壁や天井に断熱材を施してあったとしても、床下からの冷気は、あっという間にお風呂場の暖かい空気を奪ってしまいます。
また、お風呂場は配管が多いため、配管と壁の間に生じた隙間からも冷気が入り込んできます。
そうして冷えたお風呂場や脱衣場は、ヒートショックを引き起こす事故現場となるのです。
断熱材を脱衣所、風呂場の壁、天井、床、浴槽全てに施すことが、暖かくて過ごしやすい空間づくりにつながります。
断熱工事にかかる費用は、建物の構造や規模によって左右するため、複数社から見積もりをとり、比較検討することがおすすめです。
依頼者の要望に寄り添い、信頼できる業者を選べるかどうかが重要なポイントとなります。

 

⬜︎まとめ

ヒートショックによる事故を防ぐための対策として有効な風呂場・浴室の断熱リフォーム。
水回りの断熱リフォームは、リフォームだけでなく配管などに対する十分な知識も必要です。
業者選びには注意して、リラックスできる場としてのお風呂を実現するために、断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。