新潟でリフォームをお考えなら!廊下のバリアフリーについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「廊下をリフォームしてもっと住みやすい環境にしたい。」
「廊下が不便だと感じるからどうにかしたい。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
昔はなんとも思わなかった廊下も、年をとったり車椅子を使用するようになると、使いにくいと感じるようになる場合があります。
最近では廊下をバリアフリーリフォームする方が増えてきています。
そこで今回は、廊下を快適な空間にするためのバリアフリーリフォームについて説明してきます。

□廊下のバリアフリーのポイント

*手すりの設置

廊下に手すりを設置することは廊下のバリアフリー化でかかせません。
手すりがあれば、廊下で転びそうになったときに怪我をするリスクを減らせます。
また廊下を手すりを持ちながら歩くことで、足腰の負担を軽減することにつながります。
使いやすい高さに設置することが重要ですので、使う人に合わせた設計を依頼してくださいね。

*照明

照明もリフォームの際に見直すべきポイントの一つです。
夜中に廊下を歩いてトイレに向かう際、暗くて不安になることはないでしょうか?
暗い状態で照明のスイッチまで歩くのは転倒の危険もあり、高齢者の方にとって大変です。
そこでおすすめなのが、足元の人感センサーライトです。
わざわざスイッチを押さなくても、廊下を使用する際に自動で明かりがつくため安心です。
また廊下の照明は、影で足元が見えにくくならないよう工夫を施すことも大切です。
リフォームの際に業者とチェックしてみてください。

*床材

床材によっても快適さは変わってきます。
フローリングは多くの住宅で使用されている床材です。
耐水性や耐傷性が高く、また汚れにも強い素材だと言われています。
滑り止め加工を施すことで、安全性を高められます。

コルク素材は耐久性や吸音性があり弾力性にも優れているため、廊下に使用すれば足腰の負担が軽くなります。
転倒の危険性だけでなく、転倒時の怪我のリスクも軽減できるので、高齢の方におすすめです。

カーペットの素材は保温性があり触り心地もよく、廊下を歩く際の快適さが大きく変わってくるでしょう。

廊下に使用する床材はそれぞれの特徴を理解した上で業者と相談して選んでくださいね。

□まとめ

今回は廊下のバリアフリーリフォームについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか?
リフォームをする際は、住宅の状況や現在困っている点などを業者とよく相談して決めることが大切です。
心配なことや気になることがある方は、ぜひ一度専門業者と相談して快適な空間づくりをしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。