新潟でリフォーム|冬でも暖かい快適な暮らしを実現するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「廊下を一歩出ると、寒くて震える!」
「暖房を効かせているのになかなか暖かくならない!」
とお悩みの方はいませんか?
厳しい新潟の冬。
やはり、冬の間は暖かく快適に過ごしたいですよね。
そこで今回は、暖かい家を実現するリフォームについてお伝えします。

□どうして家が寒くなるのか?


そもそも、どうして同じ家の中でも暖かさに違いが出てきてしまうのでしょうか?
それはずばり、家の断熱機能の違いです。
家には、外気の冷たい気温が家の中に伝わらないようにするためのいろいろな工夫がしています。
しかし、これが十分でないと家の中がとても寒くなってしまうのです。
そのため、家を暖かくするためにはこの断熱機能を高める工夫をすればいいのです。

□どんな方法があるのか?

家の寒さを解決するリフォーム方法としてここでは窓、壁、床、天井の3つを紹介します。

*窓

窓から逃げていく家の中の熱量は約5割に及ぶと言われています。
窓のリフォームは、インナーサッシ(内窓)の取り付けによって行われます。
この方法は大きな工事を必要としないため、工期も短くすぐに効果を得ることができます。
また、結露ができなくなる、防音効果が高まるというメリットもあります。
しかし、窓が二重になるため、窓の開閉や掃除が面倒になるというデメリットもあります。

*壁

壁の断熱リフォームには、壁をはがすリフォームと、壁をはがさなくてもできるリフォームがあります。
壁をはがさず内側で断熱する場合は、工期が短くすみコストも低く抑えることができます。
一方、壁をはがすリフォームは、時間とコストがかかりますが、壁の内側の結露を防げるというメリットがあります。

*床

床も壁と同様はがすリフォームと、はがさないで断熱材を入れるリフォームがあります。
床をはがさない場合は、床下に入って断熱材を入れる方法をとるため、施工中も住み続けることができます。

*天井

天井の断熱には、天井裏を利用する方法と、屋根の断熱機能を高める方法があります。
天井裏を利用する方法は、天井と屋根の間に断熱材を入れるため、天井裏を利用できなくなるというデメリットがあります。
しかし、工期が短くコストも低いというメリットがあります。
屋根の断熱機能を高める方法には、断熱塗料の塗布、屋根材の交換や追加があります。
この方法は屋根裏を利用しないため、屋根裏空間を残すことができるメリットがあります。
一方で、屋根裏よりも断熱効果が低いデメリットもあります。

□まとめ


今回は、家の寒さを改善するリフォームについてご紹介しました。
断熱機能を高めるリフォームには、施工中に移動することなく短期でできる方法があることをお分かりいただけたでしょうか。
また、リフォームで重要なのは、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解し、お家に一番あったリフォームをすることです。
ぜひ、皆さんもお家にあったリフォームで、暖かく快適なお家を手に入れてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。