新潟市でアイランドキッチンを導入してみませんか?平屋の間取りの活かし方を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市でアイランドキッチンに興味あるという方はいらっしゃいませんか。
耳にしたことはあるけど、詳しくは知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、平屋の間取りの活かし方としてアイランドキッチンについて解説します。

□アイランドキッチンのメリットとは?

間取りに十分な広さがある平屋におすすめなのがアイランドキッチンです。
では、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

1つ目は、調理動線の良さです。
一般的なキッチンは、壁付けなので大人数での作業となる支障が出ます。
しかしアイランドの場合、両側から調理場に入ることが可能です。
また最短距離で配膳が行えますので、家事が時短になるでしょう。

2つ目は家族とのコミュニケーションが取りやすいことです。
面積をとるアイランドキッチンは必然的にキッチンが中心になります。
そして料理、食事を通して家族の仲を深めることが可能です。

また小さいお子さんがいると料理をしているときでさえも何をしているのか気になりますよね。
アイランドの場合、リビング全体を把握できるため、安心して料理ができます。

3つ目は、お子さんが料理を手伝いやすいことです。
調理側またはリビング側から手を伸ばしやすく、ぐるっと周って作業場所に移動しやすいです。
そのためお子さんに料理や洗い物などのお手伝いをさせやすいでしょう。
料理は、お子さんの五感を鍛えられたり、好奇心を育てたり、感謝の心が育ったりすると言われています。
お子さんが小さいうちからお手伝いをしていれば立派な大人に育つかもしれません。

□アイランドキッチンの間取りのポイントをご紹介!

アイランドキッチン導入したものの使い勝手の悪い間取りになってしまうと意味がありません。
快適なキッチンにするため、間取りを計画する際のポイントを見ていきましょう。

*通路は広すぎず狭すぎない幅を確保する

キッチンの周りには十分な余裕が必要です。
最低でもキッチンの周りには70センチメートルほどの通路を確保したいところです。
ただキッチン周りは広いほど使いやすそうにも思えます。
しかし、無闇に通路を広くしてしまうと、移動距離が大きくなるでしょう。

料理の際に調味料の取り出し等に時間がかかると、疲れやすくなります。
キッチンと壁や収納の間の目安は80センチメートルほどです。
大人2人で同時にキッチンをよく利用する場合は、100センチメートル以上確保しましょう。

*収納の量と位置を意識する

アイランドキッチンは、収納量が確保しづらい傾向があります。
そのため、入念な収納計画を立てておきたいところです。
単純な容量だけでなく、ものの片付けやすさと出しやすさにも意識する必要があります。

またキッチンに配置や収納する調理家電や食器、その他の掃除用品などをできるだけ具体的に挙げてみましょう。
どのくらい所持しているのかどこにしまっておくべきかを考えながら収納の大きさや位置を計画していきます。

□まとめ

今回は、平屋の間取りの活かし方としてアイランドキッチンについて解説しました。
人気が増えつつある新しいキッチンスタイルでもあり、これからも人気が増えていくでしょう。
ご家族が作りたいキッチンの雰囲気や目的に合わせてキッチン選びをしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。