新潟市でペットためにマンションリフォームしたい方に注意点を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市でペットリフォームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
家族と同様に愛するペットのためにと思いリフォームされる方が多いです。
しかし、慎重に検討してから決めないと失敗する恐れがあります。
そこで今回は、ペットリフォームの注意点について解説します。

□ペットリフォームをする際の注意点とは?

ペットと暮らすリフォームを検討する際は次のポイントに注意しましょう。

まず1つ目はペットとの暮らしでは、おしっこやよだれ、吐き戻しなど床がよく汚れることが多いことです。
また爪による傷もついてしまいます。
きれいに保ち、掃除がしやすいという点であれば、フローリングが良いかもしれません。
犬にとっては滑りやすいという心配があるので、滑りにくいペット用のものを選びましょう。

2つ目は、掃除がしやすいという点です。
ペットの毛はふわふわと飛び散り、毎日掃除をしていても、家具の後ろや下の隙間に入り込んでしまいます。
そして、どこからともなく毛が舞い戻ってくることがよくあります。
そのような毎日の掃除を楽にするために造りつけの造作家具にしてみるのはいかがでしょうか。

造りつけ家具は、壁や床との間に隙間がなく、毛が入り込みづらくなるので、掃除の負担が減ります。
しかし、室内ドアや壁にあけた潜り抜けドアなどの造り付け家具は、将来不要になってしまう可能性があるので注意も必要です。

□ペットリフォームで押さえておきたいポイントをご紹介!

ペットたちが快適に暮らせるような間取りにしたいですよね。
しかし、間取りにどのような工夫をすれば良いか悩まれる方が多いです。
人間と違ったペットの特徴を考慮することを意識してみましょう。

1つ目は、階段は緩やかに作ることです。
階段が緩やかな方が上り下りしやすく、安全です。
ペットたちの柔らかな肉球にも負担がかかりません。
また飛び降りたときの衝撃も最小限に抑えられるでしょう。

2つ目は、エリア区分や動線です。
設計段階でまず意識したいのが、どこまでを犬や猫が自由に行き来していいスペースにするのかです。
または制限するスペースをどのようにするのかというエリア区分です。
そして、どの場所でくつろぎ、トイレまでの動線をどのようにするのかなどのペットの生活の動線にも考慮しましょう。
ペットにとっても、心地よいリフォームができると良いですね。

□まとめ

今回は、ペットリフォームの注意点について解説しました。
ペットの気持ちになって間取りを考えることが重要です。
ペットも飼い主も心地よく過ごせる間取りや空間設計を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。