新潟市でマンションリフォームをするなら挨拶は必要?注意点を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市でマンションリフォームする際、挨拶は必要か不要かどちらでしょうか。
結論から言うと挨拶は、必要です。
もし、あなたが工事の騒音で急に目が覚めたらどうでしょう。
怒りを覚える程度ではないにしろ、不快な目覚めですよね。

後のトラブルに発展させないためにも、挨拶の際の注意点やトラブルについて紹介します。

□挨拶で未然にトラブルを防ぎましょう

世間一般として、何か迷惑をかける場合は事前に知らせることは当然でしょう。
小規模なリフォームであっても、何かトラブルは起きないだろうかとリスク管理をしましょう。
トラブルは起きてからでは遅いのです。
マンションであれば特に、リフォームの完了後も住み続けるのでトラブルのせいで近隣からの評判が悪いと住みにくくなるかもしれません。

マンションリフォームでよく起きるトラブルは、騒音トラブルと業者の車が邪魔というトラブルです。
冒頭でも述べたように、急に騒音が起きれば不快なものです。
今日はゆっくり起きようと思った矢先に騒音で眠れないのは不快ですよね。
あらかじめ挨拶に行き、工事がいつからいつまであるのか知らせておけば、騒音がなるとわかっているので心の準備ができ、不快感は下がります。

マンションの駐車場に何台もの大きな車が停まっていて、いつもより駐車場が狭いというのも車の使用者からすると不快でしょう。
怒りの原因であるあなたからの挨拶がないということに不満を抱き、あなたのことを常識のない人と判断するかもしれません。

□挨拶の注意点

挨拶の注意点は、業者に任せない・挨拶の範囲の決定・不在の場合はあらためるの3点です。
業者だけが挨拶回りをして、所有者の自分たちは挨拶しないというのは印象が悪いでしょう。
騒音を我慢する側の立場で考えると、まず本人が挨拶で事前に知らせ、いざ工事が始まるときに施工者たちが挨拶回りをすれば、きっちりした人と業者だなと感じ騒音をあまり気にしないかもしれません。

挨拶の範囲はマンションなら、影響するであろう範囲の部屋に挨拶が必要です。
大規模なリフォームなら同じフロアのお宅や上下階のお宅へ挨拶しましょう。
不在の場合は日をあらためて訪問し、時間が合わない場合は挨拶文をポストに入れれば良いでしょう。

□まとめ

挨拶がなくて不快だったことが原因でのちのトラブルに発展するかもしれません。
挨拶をしないメリットはなく、挨拶により少なくともあなたへの不満はなくなるのです。
マンションリフォーム前には挨拶周りをすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。