新潟市でマンションリフォームをするなら!和室を洋室にする際の費用や注意点を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マンションリフォームをお考えの方は必見です。
和室を洋室にリフォームする際には、どれほどの費用が掛かるのでしょうか。
また、リフォームを行う際のポイントについても知っておきましょう。
今回は、新潟市の業者が和室から洋室へのリフォームについて詳しく解説いたします。

□和室から洋室へのリフォームの費用の目安とは

リフォームにかかる費用は、規模によって異なります。
規模は床、壁や天井、収納のどこをリフォームするかによって変わります。
そのため、ご自身でどこのリフォームが必要か確認しておきましょう。
ここでは、場所ごとにかかる費用の目安を紹介していきます。

*床の変更

和室から洋室へのリフォームの際、床の変更は必須ではないでしょうか。
畳の床からフローリングの床に変更する際、10~20万円ほどの費用が掛かると考えましょう。
もちろん、広さやフローリングの質によっても費用は異なりますので、予算をある程度決めている場合は相談してみてください。

*壁や天井のリフォーム

フローリングへの変更だけではなく、壁や天井も洋風の物に変更すると、統一した雰囲気の空間が実現できるでしょう。
目安としては15~30万円程度と考えておきましょう。

*収納の変更

収納も併せてリフォームする方が多いです。
和風の押し入れから洋風のクローゼットに変更することで、部屋になじむ収納を作れます。
費用の目安は25万円となっています。

□リフォームの際のポイントとは

ここでは、リフォームの際に注意すべきポイントをご紹介します。

まずは、床の段差に注意しましょう。
畳の厚さが6センチあることについてはご存じでしょうか。
この厚さとフローリングの高さを比べると、約5センチほどの段差が生まれてしまいます。
この差を埋めるための工事をしっかりと行ってくれるかどうか、業者に確認しましょう。

また、部屋全体のバランスには注意しましょう。
床だけでなく、壁や収納まで洋風に変える事で、バランスが整います。

他にも、マンションリフォームの場合には、下の階の方への騒音も注意しましょう。
歩く時の足音が響きやすいのは、やはり畳よりもフローリングです。
トラブルを防ぐためにも、事前の確認が重要です。

□まとめ

和室から洋室へのリフォームについて解説しました。
費用の目安は、リフォームの規模によって異なります。
フローリングから畳へのリフォーム、壁や天井、クローゼットなど、何のリフォームが必要か整理しておきましょう。
また、畳とフローリングの高さが違う事にも注意しましょう。
生じる段差をなくすための工事が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。