新潟市で平屋を建てたい方へ!防犯が不安?有効な対策を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

平屋は全ての窓やベランダが1階なので防犯面での不安を感じる方もいると思います。
そのため平屋では特にきちんとした防犯対策をとった方が良いでしょう。
そこで今回の記事では平屋を安全な暮らしにするための具体的な防犯対策を紹介します。

□平屋は危険?平屋で特に防犯対策が必要な理由!

*1階に侵入できる開口部が増える

平屋では全ての生活が1階で完結するので、必然的に1階の開口部が2階建てに比べて多くなります。
泥棒や空き巣の侵入経路はほとんどが1階で、1階の窓やドアが非常に多いです。
そのほかにもベランダも狙われやすい侵入口になります。
なぜならベランダを覆う壁で外の人たちからは見えにくくなるからです。
このように泥棒が侵入しやすい開口部を増やしてしまっているとも言えます。

*春や秋に窓を開けたままにしておくことが多い

風が心地いい季節には窓を開けたままにしておく人も多いでしょう。
しかし平屋では窓を開けたままにしておくと、必然的に1階の窓を開けていることとなり、泥棒にとって入りやすい状況を作り出しています。
たとえ住人が家の中にいても窓が開いていてチャンスと思えば泥棒は入ってくるかもしれないので、窓を開けたままにするのは注意が必要です。

*生活状況を把握されやすい

平屋は外から見ると生活状況や家族構成が筒抜けであることがあります。
なぜなら同じ面積の土地に立っている2階建てよりかは部屋の数も少なくなるので、住人の数も少なくなりやすいからです。
そのため泥棒にとっては家族構成を把握しやすくなり、生活状況を把握される可能性があります。

□具体的な平屋の防犯対策を紹介します!

ここまでなぜ平屋が泥棒に侵入されやすいのか解説しました。
次に平屋でした方が良い具体的な防犯対策を紹介します。

1つ目は防犯フィルムを施工することです。
防犯フィルムを施工することで泥棒が侵入するのに時間がかかります。
時間がかかると発見される可能性も高くなるので泥棒が諦めやすいです。

2つ目は補助鍵を設置することです。
そうすることで泥棒が開口部から侵入するのはかなり難しくなります。

3つ目はセンサーライトや防犯カメラを設置することです。
センサーライトによって泥棒は見つかりやすくなりますし、照らされることで、泥棒の心理状態にも焦りが生まれ諦めやすくなります。
防犯カメラは万一何かが起こった時にも役立ちますし、単に防犯カメラがあるという理由で諦める可能性もあります。

□まとめ

平屋を建てようか迷っている、もうすでに平屋に住んでいるといった方は防犯対策をきちんとしましょう。
防犯対策をしているだけで守りたいものを守れます。
何かご不明な点がありましたら、気軽に当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。