新潟市にお住いの方へ!平屋は日当たりが悪い?実は工夫次第で日当たりは良くできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「平屋を建てようと考えているけど日当たりが悪いって聞いたことがあるし不安だな」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこで今回は平屋で日当たりを確保する難しさ、それでも日当たりを良くする方法について解説します。

 

□平屋で日当たりを確保するのって難しいの?

平家における日当たり問題はよく出てくる話題ですが、本当に難しいのかどうかを見ていきましょう。

*平屋で日当たりを確保するのが難しい理由

実際に2階建ての家と比べると確保するのは難しいです。
なぜなら平屋はどうしても周りのビルや住宅より高さが低くなってしまうからです。
例えば都市部の超高層ビルばかりが建っているところに平屋を建てても周りのビルで日差しは遮られてしまいます。

かなり大胆な例でしたが、これは周りが2階建の住居で囲まれている場合でも似たようなことが起こります。
そのため、平屋では日当たりを確保するのが困難です。

□平屋でも日当たりを良くする方法!

では、平屋では日当たりを良くする方法はないのでしょうか。
工夫次第では日当たりを良くできるので心配する必要はありません。
それでは4つの工夫を解説します。

1つ目は周りの建物の大きさを把握することです。
あらかじめ把握しておくことで平屋を建てる際に間取りを調節できます。
仮にどう工夫しても十分な日当たりが確保できなさそうであれば違う土地を探せます。

2つ目は天窓をつけることです。
天窓をつけることで周りの建物に全く遮られることなく太陽の光を浴びられますし、窓を開閉式にすれば新鮮な空気を取り入れられ、より快適に暮らせます。

3つ目は中庭を設置することです。
中庭を取り入れることで、家の中心にある中庭から、屋内に光を届けられます。
そのほかにも風通しが良くなり、緑を設置することで涼しい空間を作りやすいです。
風通しが良くなることで暑さを和らげる効果も期待できます。

4つ目は細長い形の間取りにすることです。
建物を細長い形にすることで、太陽の光を安定して取り入れられます。

ここでは4つの日当たりを良くする方法を解説しました。
家を建てる際はぜひ参考にしてください。

 

□まとめ

平屋で日当たりを確保するのは2階建てやビルと比べれば難しいですが、今回解説した工夫をすることで、しっかりと日当たりを良くできます。
家を建てる前に場所や間取りを考えて、日当たりを良くし、快適な生活を送れるように心がけましょう。
新潟市近郊で平屋の家を建てたいとお考えの方は当社まで気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。