新潟市にお住まいの方へ!収納のリフォームのポイントについて解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家に置くものが多くなってきて、収納の数が少なくて困っているといった理由でリフォームを検討される方は多くいらっしゃいます。
しかし、リフォームで収納を新たに設置すると言っても、収納の種類は様々です。
そこで今回は、収納に関するリフォームについて解説します。

□リフォームによって増やせる収納とは何か?

*クローゼットのリフォーム

今あるスペースをうまく使いこなせてないという方にオススメなのがクローゼットのリフォームです。
何もないクローゼットであればそこにパイプハンガーをつけるようなリフォームから、メーカー製のシステム収納を入れ込むようなリフォームまで様々な種類のリフォームがあります。
あるいは、新たに壁面収納を設置したり、ウォークインクローゼットにしたりするのも良いでしょう。

*玄関収納

玄関に収納を設けることで、普段はあまり使わないようなものや、スポーツ用品などを収納するスペースを確保できます。
玄関収納の中にも色々な種類があります。
大きめの下駄箱のような収納や、玄関の土間から直結したようなシューズクロークなど目的に応じて様々なリフォームを行うことが可能です。
また、お車をお持ちであれば、玄関直結のビルトインガレージを収納として活用する方法もあります。
車のメンテナンス用品を収納する以外にも、趣味の空間として収納を使う方もいらっしゃるので、汎用性が高い収納と言えます。

 

□リフォームで収納を作る際の注意点

設置することで色々と便利になる収納ですが注意するべき点が収納扉の選び方です。
例えば収納扉が観音開きのタイプのものだと収納の前にものが置けないといった問題が発生する場合があります。
狭い場所に収納を設ける際は収納扉も適切なものを選びましょう。
また、収納をリフォームによって新しく設ける場合、想定される必要な容量ギリギリで作ってしまうと、持っているものが増えた時に結局容量が足りなくなる可能性があります。
リフォーム直後はスペースを持て余してしまうかもしれませんが、それでも数年後には容量いっぱいに収納を使っているという方も少なくありません。
収納を設置する際は大きめの容量で余裕があるものにしましょう。

□まとめ

今回は、収納に関するリフォームについて紹介しました。
今回紹介した以外にもたくさんの収納があります。
色々と調べた上で最後どれを選択するか決めたいところですね。
また、新潟市近郊にお住まいの方でリフォームに関するご質問があれば、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。