新潟市の方へ!平屋を建てるのに適した土地とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年注目を集めるようになってきた平屋住宅。
本ページをご覧の皆さんも平屋の建築をご検討中ではないでしょうか。
たしかに平屋住宅には魅力がたくさんありますが、一体どんな土地が必要になってくるのでしょうか。
本ページでは新潟市在住の方に向けて、平屋に適した土地を中心に紹介します。

□平屋を建てる前にまず建ぺい率!

皆さんは建ぺい率という言葉は聞いたことはありますか?
住宅をお探しの方は建ぺい率や容積率という言葉をよく聞くと思いますが、平屋建築で重要になってくる建ぺい率とは一体何なのでしょうか。

建ぺい率とは簡単に説明すると、その土地に対して、建てられる家の広さのことです。
そのため、敷地面積を広く要する平屋を建設する際は、必ず建ぺい率を意識しましょう。

ここで注意していただきたいことは、建ぺい率が大きければ良いというわけではないことです。
住宅の建ぺい率が大きすぎると、隣の家との距離が近すぎてトラブルが起こる可能性が多くなることを頭に入れておきましょう。

 

□平屋に適さない土地に注意!平屋を建設する前に注意すべき土地

平屋を建設する際は建ぺい率が重要であることを説明しました。
しかし、平屋を建設する前に注意してほしいポイントは建ぺい率だけではありません。
あなたが持っている土地や、購入を考えている土地の中には、平屋に適していない土地も存在することを、ここから紹介します。

平屋に適さない土地の一番の問題は、日当たりの問題です。
ご自身の土地を思い浮かべて考えてみてください。

その土地の南側はしっかりとスペースが開けていますか?
もし、高い建物が存在するなどの場合は、日当たりや景観を損なう可能性があるので、県都を改めても良いかもしれません。

しかし、日当たりが悪いから絶対にあきらめるべきとは言いません。
平屋に中庭を設けるだけで、部屋全体の明るさを保つなどの対策は存在するので、ぜひ業者と相談してみてください。

また、中庭を設置することのメリットには日当たり以外にも風通しやリラックススペースとしての利用、お子様の遊ぶスペースなども考えられるのでおすすめです。

□まとめ

平屋に適した土地や注意するべきポイントについてお分かりいただけましたか?
平屋建設で重要な建ぺい率はただ大きければ良いものではないことを把握しておきましょう。
また、土地によっては平屋に適さない場所もありますが、中庭で対策もできるので、業者と相談して、後悔のない理想の平屋建設を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。