新潟市在住の方へ!平屋が地震に強い理由とさらに強くするポイントをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、自然災害が多く発生していますよね。
新潟市で家の購入を考える際は、地震に強い家かどうかが重要なポイントの1つです。
実は、平屋が地震に強いことをご存知でしょうか。
今回は、平屋が地震に強い理由とさらに強くするポイントをご紹介します。

□平屋が地震に強い理由とは?

実は、平屋は2階建てや3階建てよりも地震に強くなりやすく、耐震上有利なつくりとなっています。
それでは平屋が地震に強い理由を見ていきましょう。
1つ目は、高さがないことです。
建物は高ければ高いほど振動の影響を受けやすく、地震が起きたときに揺れが大きくなります。
平屋は高さがないので、地震が起きてもあまり揺れず、建物にかかる負荷がそれほど大きくありません。
そのため、建物が倒壊しにくいと言えます。
2階建ての建物と40階建ての建物の地震の揺れをイメージしてみると、高さがない方が地震に強いことが簡単にイメージできるでしょう。
2つ目は、つくりがシンプルであることです。
2階建てや3階建ての住宅より、平屋の住宅は比較的つくりがシンプルです。
建物を建てるときは、正方形や長方形などの形が採用されます。
そのシンプルさによって天井や壁、床などがうまく家を支えてくれるでしょう。
また、地震が起きても、家にかかる負荷が分散されやすく、倒壊のリスクが減ります。
一方、形が歪な建物は、地震の揺れの負荷が一点に集中しやすく、倒壊リスクが高くなります。

□平屋の耐震性をさらに上げるポイントをご紹介!

平屋であっても、地盤が弱いと地震の揺れは建物に伝わりやすくなります。
そのため、どのようなお家でも耐震性を高める必要があります。
それでは耐震性を上げるポイントを見ていきましょう。

*壁を強くしたり量を増やしたりする

増やす場合は、筋交いや構造用合板を貼ることが望ましいです。
これは地震に対して最も有効であり、他の箇所より比較的無理なく工事ができます。
しかし、しっかり構造を理解して計算しながら壁の強度を上げないと、逆に破損することがあるでしょう。

*制振ダンパーを設置する

制振ダンパーとは、建物の地震の被害を抑えるために、壁や柱などの接合部に設置する装置です。
取り付ける大きな目的は、地震による揺れを吸収し、地震の力を他の力に変えることです。
制振ダンパーを設置していれば、建物の基礎部分の損傷をできる限り弱める働きもしてくれるでしょう。

□まとめ

平屋が地震に強い理由とさらに強くするポイントをご紹介しました。
地震はいつやってくるか誰にもわかりません。
万が一の時に備えて、地震対策をしておきましょう。
新潟市で安心な家づくりをお考えの方はぜひ当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。