新潟市近郊でマンションの防音リフォームをしたい方へ!基礎知識をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「防音リフォームを考えているが、どうすれば良いかわからない」
新潟市近郊にお住まいの方でこのようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
マンションの防音リフォームをする際は、基礎知識を知っておくことが重要です。
そこで今回は、防音リフォームの基礎知識について見ていきましょう。

□知っておきたい防音関連用語とは?

まず防音関連用語を知っておくことをおすすめします。
正しい知識を身につけて防音工事を依頼しなければ、防音本来の騒音を防ぐという目的を達成できない可能性があります。
音が小さい、大きいと感じる耳の聴覚は人によって個人差があります。

自分だけでなくマンションの不特定多数の人に対しても、騒音が聞こえないと感じて欲しいですよね。
そのためには、自分の耳だけに頼るのではなく、特定の騒音に対して十分な遮音性能基準を満たさなければなりません。
それでは具体的に防音関連用語を確認していきましょう。

まず音の大きさを表す「デシベル」という単位です。
デシベルは音圧レベルで計測されます。
ジェット機の騒音で約120デシベル、ボウリング場の騒音で約80デシベルです。
生活していて落ち着く静かさは40デシベルほどなので、その音圧レベルくらいを目指しましょう。

次に周波数と呼ばれる音の高さです。
音の高さは音波における波の数量によって比例します。
周波数の数値が高いと高音として認識され、数値が低いと低音として認知されるでしょう。
最後に遮音性能基準です。
遮音性能とは、透過過失にて表され音源からの音を壁や床を隔てて聞いたとき、どのくらい音が小さくなったかをデシベルにて表します。

□防音リフォームの種類をご紹介!

次に防音リフォームの種類をいくつか見ていきましょう。
あらかじめ内容を把握しておくことが大切です。
この記事を参考にしてみてください。

まず1つ目は、お手軽に防音性能を高めたいときにおすすめである防音リフォームです。
マンションで大掛かりなことができない場合に、クロスの上から施工できるので嬉しいですよね。
また防音対策として一定の効果を見込める上に工期が短く、手軽に施工できるのは大きなメリットと言えます。

2つ目は、床の防音リフォームです。
床の騒音は、子どもが台の上から飛び降りる音やスリッパで歩き回る足音などが挙げられるでしょう。
下の階にお住まいの方に迷惑をかけないために、防音機能を持つ床材や床材の下に敷く遮音ボードなどで床からの騒音を抑えます。
また床下の構造部分に、防音材を施工することで騒音を抑えるという方法もあるので、ご家庭の騒音状況に適した施工方法を選びましょう。

□まとめ

今回は、防音リフォームの基礎知識について解説しました。
防音関連用語や種類などの防音知識はリフォームで重要です。
新潟市近郊でより良い暮らしを目指す際は、ぜひ当社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。