新潟市近郊で平屋の二世帯住宅をお考えの方!その種類とトラブルについて徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊で平屋の二世帯住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
二世帯住宅を考える際は、気にしなければならないことが多いですよね。
そこで今回は、平屋で二世帯住宅をする場合の間取りの種類やトラブルについてご紹介します。

□平屋での二世帯住宅の種類をご紹介!

平屋での二世帯住宅の間取りは、主に3種類あります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。
1つ目は、基本的には生活空間を共用して、親世代と子世帯が一緒に暮らす完全同居型です。
お互いに育児や家事の協力がしやすく、忙しい共働き世帯に人気があります。
また大家族として賑やかな暮らしができるため、二世帯住宅の理想的な形を実現しやすいでしょう。
2つ目は、玄関やリビングなどの生活空間は共用して、親世帯と子世帯が生活する空間は分ける部分共同型です。
親世帯と子世帯の生活にずれがある場合や、適度にプライバシーを保ちたい方に人気が高い間取りタイプです。
メリットとして、プライペートとコミュニケーションの両立がしやすいことや、何か困ったことがあれば臨機応変に協力できることなどが挙げられます。
しかし、どこまでを共用スペースにするか十分な相談が必要でしょう。
3つ目は、生活空間や設備が完全に分かれている完全分離型の間取りです。
同じマンションの隣同士で住んでいるイメージに近いかもしれません。
プライバシーをしっかり確保でき、お互いに干渉し合わない、だけどそばにいるから安心して生活が送れます。

□二世帯住宅で起こりやすいトラブルと回避するための方法とは?

*親世帯が干渉してくる

二世帯住宅で起こりやすいトラブルの1つが、親世帯が子世帯に干渉してくるケースです。
親世帯からすると「子供はいくつになっても子供」という言葉があるように、いくつになっても子供が気になります。
子供のためと思って干渉するも、子世帯側からすると干渉されることに対して嫌悪感を抱くことがあるでしょう。
そのような場合に、トラブルへと発展するケースがよくあります。

*いらないものを捨てられない

親世帯に多いのが、なかなか物を捨てられない人です。
自分のスペースに収まれば特に問題にはならないですが、共有スペースにまで物が増えてくるとトラブルにつながるかもしれません。
子世帯がものを持ちたがらない方であればなおさらです。
これらのようなトラブルを避けるためには、まず家族でしっかり話し合いをすることです。
トラブルが深刻になる前に、ハウスルールを作っておくのも良いでしょう。
話し合った決め事は、紙に記録しておくと、「言った」や「言っていない」などの水掛け論のトラブルを防げます。
長い目で見て、お互いにとってストレスのない日々を送れるようにしましょう。

□まとめ

今回は、平屋で二世帯住宅をする場合の間取りの種類やトラブルについてご紹介しました。
二世帯住宅の間取りを考える際は、それぞれの世帯の快適な距離感を探り、ご家族に合うタイプの間取りを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。