新潟市近郊にお住まいの方へ!マンションリフォームのトラブル事例を解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住いの方必見です。
マンションをリフォームしたいけれど、トラブルが多いのではないかと不安に思われていませんか。
そんな方のために、マンションリフォームのトラブルの事例と、防ぐための方法を紹介します。

□マンションリフォームのトラブル事例を紹介します!

マンションリフォームの事例を3つ紹介しましょう。

1つ目は、図面とは異なる寸法であった場合です。
部屋の入口の幅を決めていたはずなのに狭くされていた、5畳の予定が4畳になっていたという事例などが主な例として挙げられるでしょう。
このような場合は、リフォーム自体が難しくなってしまうため、事前に業者を入念な打ち合わせをすることが重要です。

2つ目は、シックハウス症状が出てしまった場合です。
シックハウス症状は、建物から出る化学物質に部屋の空気が汚染され、許容量以上に吸い込んでしまうことで発症します。
目が開けられない、涙が出る、呼吸が苦しいという症状が多く、非常に怖い病気ですよね。

3つ目は、マンションの躯体のコンクリートを削ってしまった場合です。
ほとんどのマンションは、管理組合の規定より、マンション躯体はそのままにするように契約されています。
しかし、リフォームの際に躯体のコンクリートを削ってしまいトラブルに発展することがあるため、注意しましょう。

□マンションリフォームのトラブルを防ぐとは

マンションリフォームのトラブル事例を見たところで、それを防ぐ方法を紹介します。

1つ目は、リフォーム前に管理規約をよく読むことです。
トラブル事例で、マンション躯体のコンクリートを削ってしまった事例がありましたよね。
これは、マンションの管理規約をよく読み、計画に問題がないか確認してリフォームを行うことで防げるでしょう。
工事業者の人としっかり確認をすることが大事だといえますね。

2つ目は、マンション共有の大規模修繕の時期を確認することです。
自分のリフォーム工事の時期とマンションの大規模修繕の時期が被ってしまうと、駐車場や材料の配送の件でトラブルが発生しやすいと言われています。
工事がスムーズに行えるように、大規模修繕の時期を把握したうえでリフォームの計画を進めましょう。

□まとめ

マンションリフォームのトラブル事例とそれを防ぐ方法を紹介しました。
マンションは、自分たちだけのものではないので、様々な面に配慮する必要がありますよね。
この記事を参考に、トラブルのないようにマンションリフォームを行って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。