新潟市近郊にお住まいの方へ!リフォームするなら繁忙期か閑散期どちらが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「リフォームを検討しているけど、いつ頃やるのが良いかタイミングがわからない。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
リフォームを検討されている方には、業界の繁忙期がいつかどうか気になるという方もいらっしゃいます。
そこで今回は、リフォームの繁忙期と閑散期について解説します。

□リフォームにおける繁忙期と閑散期はいつ?

リフォームに限らず、ほとんどの業界には繁忙期と閑散期があります。
リフォーム業界において繁忙期と言われているのは1月から3月です。
この時期は決算に関わるので、他の業者と同様に忙しい場合が多いです。
他にも、12月は年末ということもあってリフォーム業界も忙しくなります。
逆に、リフォーム業界において閑散期と言われるのが5月から9月までの期間です。
この時期はリフォーム会社も余裕があるところが多く、日も長いため、作業もしやすくなります。

 

□リフォームを繁忙期、閑散期に行うと何が違う?

リフォームを繁忙期あるいは閑散期に行うと何が違うのでしょうか。
繁忙期に依頼すると、人手不足になる可能性があります。
繁忙期は人手が不安定になるので、技術力や生産能力の低下につながる可能性があります。
人手が足りなくなるのに加えて、繁忙期はインフルエンザが流行するシーズンです。
職人さんがインフルエンザにかかって1週間以上来られなくなってしまうといったトラブルも起こることがあります。
また、繁忙期は冬になるので、資材が大雪などの悪天候に見舞われて納期が遅れてしまうといったトラブルも発生しやすいです。
逆に、閑散期に依頼するといくつかメリットがあります。
閑散期はリフォーム会社の仕事量が不安定になるため、値引きをしてもらえることがあります。
リフォーム会社によっては仕事量が不安定な閑散期に売り上げを確保しようと値引きを行うことがあります。
また、閑散期にはリフォーム会社に時間的な余裕があるため打ち合わせに時間をかけてくれる場合があります。
このようにリフォームの閑散期に依頼するにはいくつかメリットがあるものの、閑散期である真夏にリフォームを行うことで季節的なデメリットが発生する可能性もあります。
リフォームを依頼する前に、事前に相談した上でいつリフォームするのか決めましょう。

□まとめ

今回はリフォームの繁忙期と閑散期について解説しました。
リフォーム業界の繁忙期と閑散期を知った上で、一度リフォーム会社の方に相談してみてください。
今回紹介した内容以外でリフォームに関して質問のある方や、新潟市近郊にお住まいの方で実際にリフォームを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。