新潟市近郊にお住まいの方へ!リフォームで部屋を分ける方法について詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「リフォームで部屋を仕切りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
人によってリフォームの目的は様々ですが、リフォームの際に部屋を仕切れるようにしたいという方は多くいらっしゃいます。
そこで今回は、リフォームで部屋を分ける方法やコストについて紹介します。

□リフォームによって手軽に部屋を間仕切りする方法

リフォームの際に部屋を分けたいと考える方の多くは、お子さんが大きくなった時に、もともと1つだった部屋を2人で分けたいといった理由です。
この他にも、寝室やリビングを分けて収納スペースを確保したいと言ったケースもあります。
例えば、カーテンを使って部屋を分ければ、費用も比較的安価に抑えつつも部屋を二つに分けられます。
他にも、パネルドアなどを取り付ければ壁を新設しなくても、部屋を分けられます。
アコーディオンカーテンやパネルドアを使って部屋を分けるメリットとしては、必要に応じて2つに分けた部屋をつなげて使用できる点です。

 

□壁を新設して部屋を仕切る方法

リフォームによって部屋を2つに仕切りたいという方の中には壁を新しく設置して完全に部屋を2つに分けたいという方もいらっしゃいます。
お子さんが成長した場合、カーテンなどを使用した簡易的な仕切りではなく、壁を作ることによって1人で勉強ができるようなプライベートな空間を作りたいという方もいらっしゃいます。
そのような場合に、壁を新しく設置するだけではなく、新たに電気工事を行うことが必要です。
初めからお子さんが成長したら2部屋に分けるつもりでコンセントなど配置している場合は電気工事を行う必要はありませんが、2部屋に分けるにあたって電気工事が必要な場合もあります。
壁のみを作るリフォームの場合、費用は約13〜15万円かかります。
さらに、電気工事が必要な場合は33〜40万円前後の費用が発生します。
先ほど紹介したよう壁を新設して部屋を仕切るメリットもありますが、それなりにコストがかかる場合があるので、目的に合わせて最適な選択肢を選べるようにしたいですね。

□まとめ

今回は、リフォームで部屋を分ける方法やコストについて紹介しました。
部屋を2つに分けると言っても方法は様々です。
ご自分の目的にあった仕切り方を選びたいですね。
今回紹介した内容以外でリフォームに関して質問のある方や、新潟市近郊にお住まいの方で実際にリフォームを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。